2019-12

その他

「氣塾」2019年、年末のご挨拶

「氣塾」2019年、年末のご挨拶《本年中は格別のお引き立てを賜わり、誠に有難く厚く御礼申し上げます。来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。》2019年12月31日...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(私にとっての「それ用の時間」とは「修行の時間」)5

《人には「それ用の時間」が与えられる》と言われます。   この「それ用の時間」とはどういうものなのでしょう?   様々な「指導者」や「経営者」が同じ事を「証言」して   います。言い方を変えれば《「世の中」上手く出来ている》   ...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(それ用の時間とは、人生の都合の良い条件)4

さて、ようやく本題に移ります。   《人には「それ用の時間」が与えられる》と言われます。   この「それ用の時間」とはどういうものなのでしょう?   ここまで、「氣塾」に参加されている方々の「各世代別」に   典型的な「参加理由、目的」を...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(経営者になるには「勘、予感、直感」を鍛えろ!)3

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。やはり「お仕事」で「悩み」「模索」を続け   ている方々は多いですね。「氣塾」には「初心者、ベテラ...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(人間関係の勝負は、気力と本気度が決め手)2

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。やはり「歳をとられた方々」の場合、主に   「悩み」とは「心身の健康と病気」が多かったりするのです...
哲学

人には「それ用」の「時間」が与えられる(「氣塾」は「西洋医学、東洋医学」を跨いだ立場)1

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。   「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加   されています。それぞれの「年代、立場」によって、持って   いる「悩み、不安」の種類も様々です。私は「年がら年中」...
幸福

氣塾的に「老いるとは何か?」を研究する(目一杯生きてきた戦中世代の心が自由なのは当然)7

今回は「若者と老人」の「比較論」なのですが、その中で   「老人」を「観察研究」していると、自分も「初老」だから   も有りますが「若者が精神的に不自由」で「可愛そう」に   さえ見えてくるものがありました。「経験不足」とは言え   「...
幸福

氣塾的に「老いるとは何か?」を研究する(「歳をとる事」は何も悪いことばかりではない!)6

今回は何かと「年寄り贔屓」な話しとなりますが、   《「歳を取る」という事は、何も「悪いことばかり」では ない、ということを言いたいのです。》   確かに「若い頃」と比べれば、出来る事は減ります。早く   走る事は出来ませんし、細かい事も...
幸福

氣塾的に「老いるとは何か?」を研究する(「老いる」と「瞑想」と「浦島太郎伝説」)5

《古くから「瞑想」とは「ズラす技術」だと言われています》   実は「瞑想」と「歳を取る事」とは、かなりの「共通点」が   あります。《「正しい瞑想」とは「無我夢中」であり「没頭   の境地」に在りです。》それは「呼吸法」に合わせて「精神 ...
幸福

氣塾的に「老いるとは何か?」を研究する(「老いる」と「恐れ」が無くなるというシステム)4

「若い頃の人」とは何かと「恐れ、不安」が多いと言えます。   その「理由の一つ」として《「氣の観点」から見ると「若い」   という事は「何かと感覚的」に「敏感」だと言えます。》   つまり「現実」が「怖い」が故に《「現実」の変化に対して ...
タイトルとURLをコピーしました