2020-09

人生・自分

普通に埋もれない生き方(プロは時間の使い方が違う、遊ぶ暇は無い)3

《普通に埋もれない生き方》というものを考えたとき、 やはり「仕事」において「プロの生き方」というものは「数百、数千、数万人に一人」の存在だと言えると思います。「氣塾」には「外科医師」や「看護師」をはじめ「経営者」から今時のプロの「Y...
人生・自分

普通に埋もれない生き方(偶然が入る「スキ、余地」をワザと作ろう)2

《「あなた」は日頃、どの様な「生き方」をしていますか?》「コロナ禍」がある程度明けて、週の大半は「在宅勤務」になった方は多いと思いますが、日々の起きてから寝るまでの間の「仕事を含めた時間の過ごし方」はまた「ルーチンワーク」に陥っていません...
人生・自分

普通に埋もれない生き方(普通でない生き方の人は困難や逆境に対してとても強い)1

最近この「ブログ」では様々な「生き方」に関する「テーマ」を取り上げて、様々な角度から提案している訳ですが、その理由とは、やはり「読者、生徒さん達」から「生き方」に関する「お悩み」や「ご質問」を頂くことが、今圧倒的に多いからなんです。今年は...
人生・自分

どこまで自らの人生に関与可能なのか?(我々行者やプロは弦を担いでも占いには頼らない)5

《我々「行者」はそもそも「占い」を見ませんし、「占い」に頼りません。あらゆる「職人」や「プロの人達も「弦や縁起は担ぎます」が「占い」に頼りません、それは何故だと思いますか?》それは、第一に「自分の実力」を「信じている」からなのです。そして...
人生・自分

どこまで自らの人生に関与可能なのか?(天が味方をしたくなるような生き方)4

《我々は「意志力」によって、どこまで「自らの人生」に「関与」することが「可能」になるか?》これを本気で考えるなら、最後は「天を味方に付ける」ような「物事の考え方と行動」をするべきだと言えるでしょう。ならば「天が味方をする」ような「考え方や...
「運命」「宿命」

どこまで自らの人生に関与可能なのか?(「肯定と同意」と「否定と反論」どちらが良いかは明白)3

《我々は「意志力」によって、どこまで「自らの人生」に「関与」することが「可能」になるか?》これを考えたとき、やはり常日頃の「キャラクター的」にも、何かと「肯定と同意」を大切にする「ポジティブな思考」を持つ人の方が、何かと「運」を「ものにで...
「運命」「宿命」

どこまで自らの人生に関与可能なのか?(運に頼れば運は逃げ、頼らなければ運は寄る)2

《我々は「意志力」によって、どこまで「自らの人生」に「関与」することが「可能」になるか?》これが、今回の「テーマ」となります。これは同時に、どこまで「関与」しても良いのか?のお題でもあります。何故なら「一見悪縁、悪運」であってもそこから一...
「運命」「宿命」

どこまで自らの人生に関与可能なのか?(運命は運ばれる命、宿命はその人に宿る命)1

《「運と縁」が全てを決める》これは「現実」です。「良運」が有れば「悪運」が有り、「良縁」が有れば「腐れ縁」や「悪縁」が有ります。そして、人の人生とは「人との出会い」により、その「運と縁」がもたらされ、そのもたらされた「運と縁」により「転機...
予感・勘

「右脳的思考」と「左脳的思考」どちらが良い?(右脳的に先に勘を拾って左脳的に実行するのが正解)6

つまり「何が起こるか分からない」特異な「転換期」と言える現代において、我々は《「左脳的思考」による「理論的」な「整合性」が 良いか、「右脳的思考」による「直感的」な「ひらめき」の方が良いのか?ではなくて、どちらも必要で、どちらも必要に応じ...
予感・勘

「右脳的思考」と「左脳的思考」どちらが良い?(湧き出た「勘」には皆の心を揺さぶる力が有る)5

《皆さんにも経験があると思いますが、湧き出た「勘」というものには、大いにあなたの「感情を揺さぶる」性質を持っています。》例えば、強烈に「良いと思った」又は、強烈に「ヤバいと思った」その時、あなたはその「得た感覚」をすぐさま「誰かに伝えなけ...
タイトルとURLをコピーしました