自己を維持できなかった人は何故なのか?(不安、恐れが痛みに変わるメカニズム)5

ストレス
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

何も「力や能力、センス」において、他の人達に「負
ける、劣る」だけが「人の弱さ」ではありません。  
それよりも「恐るべき」は「自分の感情」に対して
「自らが負けてしまうこと」そして過去を含めて大切
であった筈の「自分を見失う」ことにあるのではない
でしょうか?
《人は何故、自分の物事の選択を他の人に「責任転換」をしだすと、途端に「ツボにハマる」のでしょうか?》
それは「ヨーダの教え」が上手く的を得ています。
《「不安、恐れ」は「怒り」を呼び、「怒り」は「憎しみ」を呼び、「憎しみ」は「苦痛」を呼ぶ。》
つまり「不安や恐れ」というものは、とかく「誰々の
せいでこうなった」という「対象」を求めます。これ
は「不安、恐れ」が「漠然として見えない」もの故に
その「ストレス」が特定の「行き場」を求めるのです。
《そして人とは「時間」は「お金」と同じく「貴重」なものと捉えていますから、特定した「対象」を自ら
の「貴重な時間」を「奪った相手」として、改めて認識して「怒り」を向けるのです。》
《「対象」を見つけた「怒り」の感情は「自分を陥れられた」「騙された」に近い「疑いの心=猜疑心」を呼びます。このレベルにまで来ると、殆ど外部から見ても「精神的な病」の領域です。》
もう、自らが招いた「現状の原因」でもある「間違え
た選択」や「中途半端な行動」は「自分勝手」になり
自己に都合良く「見失って」いますから、何も正確に
は見えていません。周囲から見ても「勝手なもの」で
す。でも、その気配を察知してかどうか、
《最初は特定の一人であった「猜疑心の対象」はやがて「あいつもこいつも」と自分を取り巻いている周囲の人全員に「向けられる」ことになって行くのです。これらが「周囲全員」に対しての「憎しみ」を作り上
げて行く事になります。》

「不安、恐れ」を発端として、明るいとは言えない
「自己の現状分析」は「自分自身に対する責め」から
別の「対象」、そして「周囲の全員」へと「責任転換」
を通じて発展していきますが、でもそこで「考えると」
《それらの人達と過ごした「貴重な楽しい時間」の思い出も沢山ある訳ですから、良心の仮借に加えて、それらの「良い思い出」、相反する思いが自らを「責める」事になります。これが「憎しみ」が「痛み」に変わる段階です。》
「不安、恐れ」「怒り」「憎しみ」等により「精神的
に弱った人」が「ネガティブな感情」を「きっかけ」
又は「モチベーション」となった際の行動とは、どの
様なものになるのか?それは「良心の仮借」から来る
「痛み」からの「逃避」に移ることになります。
《つまり、対象、周囲の人達との「関係性」を自らが断ち切り、過去の「自分の痕跡」を抹消する行動に転じ「孤立化」を計るのです。》
自らが「転がり落ちる」様にドロップアウトするので
すから、周囲からは「救いようがない」のがこの手の
状態に陥った人達の「典型的な障害」となります。
これが「所知障」というものなのです。
これで分かったと思います。「弱さ」の本質とは何も
他の人達と比べて、自分の「力、能力」が劣るという
「比較しての弱さ」というよりも、
《最も身近な「自分の感情」に対して負けてしまい、「自分を見失う」ことにあるのです。》

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました