「生命誕生」の為の「偶然性」に見る神の仕事(太陽風と宇宙線の脅威)6

《「生命誕生」の為の「偶然性」》 「その8.地磁気とオゾン層の存在」 「地球」には、出来た当初より「強力」な 「太陽風」と「宇宙線」が絶えず降り注いで いました。「太陽風」とは「磁気」と「電気」を 帯びた「ガス」の...

「生命誕生」の為の「偶然性」に見る神の仕事(過去5回あった、大量絶滅)5

《「生命誕生」の為の「偶然性」》 「その7.古代生物の大量絶滅」 「約40億年前」に最初の「生命」が誕生してから、 「現在」に至るまで、「地球上」では幾度となく、 「生物」の「大量絶滅」が繰り返されてきました。 そ...

「生命誕生」の為の「偶然性」に見る神の仕事(木星、土星の存在と、地球のサイズ)4

《「生命誕生」の為の「偶然性」》 「その5.木星と土星の存在」 「地球」の「生命」にとって「木星」と「土星」の 「存在」も非常に重要なのです。太陽系第五惑星の 「木星」は巨大な「ガス惑星」です。大きさは「地球」 の...

「生命誕生」の為の「偶然性」に見る神の仕事(月の存在=生命線)3

《「生命誕生」の為の「偶然性」》 「その4.月の存在」 「生命誕生」の為に「月」という「衛星」が「地球」 の周りを「周回」していた「意味」も、実は「大きい」 のです。「科学者」を始め「ニール・F・カミンズ」が、 そ...

「生命誕生」の為の「偶然性」に見る神の仕事(太陽の大きさと距離)2

《「生命誕生」の「偶然性」の「謎」》 「その2、太陽の大きさ」 「太陽」は「地球」の大きさの「109倍」の大きさ を持っています。この「109倍」のサイズと、 「約6000度」に及ぶ「表面温度」から放たれる、 莫大...

「生命誕生」の為の「偶然性」に見る神の仕事(自然定数の精密な設計)1

最近、何かと「ゴリゴリ」に煮詰めた「テーマ」が 続きましたので、今回は、ある意味気楽に「想像力」 を働かせて頂く「テーマ」にいたします。今回は 「反響」を頂いた《「生命誕生」の「偶然性」》に 付いてです。先に「紹介」...

よく考えて、それは「神様のせい」じゃない!(神様研究)11

皆さん方も、「信仰」とは、また違った「角度」からの 「神様研究」を考察してみては、いかがですか? 例えば「神様」は「人の必死の姿」が好きです。 「純粋」で「本気」の「模索」が「極まった時」、度々 我々に「ミラクル」な...

よく考えて、それは「神様のせい」じゃない!(流通の領域)10

結局「人」は、あらゆる「物事」を「変化」させて、 以前においては「神様の担当」であった「領域」に 「足を伸ばして」行くことになってきました、しかし、 そこは、本来「神様」が「担当」していた「領域」なの ですから、「人...

よく考えて、それは「神様のせい」じゃない!(商売の領域)9

「ビジネス」の世界でも、「人」と「神様」の 「領域の変化」は、進行しています。特に「流通」の 世界等では「顕著」です。「21世紀」まで「流通」に 関しては、その「骨子」である、様々な「実店舗」が 絶えず「場所を変え、...

よく考えて、それは「神様のせい」じゃない!(広がる人の領域)8

「人類」の「文化」や「科学技術」が進歩して、 あらゆる「物事」が「当たり前」のように成し得る事が 可能になるということは、「人の領域」が「広がって」、 「神様の領域」が「狭まった」とも考えられます。 それだけ「神様頼...
タイトルとURLをコピーしました