内丹法を話そう、正しい気功とは?(内丹秘訣「吐故納新」と外気功、内気功)2

内丹法
このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

さて「内丹法」には「呼吸法」である「吐納法」が有り、
「氣」を練る技術と言える「練功法」が有りますが、
その中核たる「吐納法」には「吐故納新=とこのうしん」
という言葉が有ります。これは「身体に合わない悪い氣」
を体外に吐き出し、「身体に良い新しい氣」を体内に取り
入れる、という「氣」の積極的な「交換」を行う事により
「患部を癒す」事を主眼とする「外気功」と、
《「修行」として「氣」を養生し、体内を「循環」させ、「気力」の強化と「気質」を高めて、「氣」を「制御」して、あらゆる「精神身体的能力」を高めることを目的とするのが「内気功」と呼び、「氣塾」のものは「内気功」に属しています。》
つまり、ある種の「気功師」が行う「手を触れずに相手
を転がす」ような行為は、時に「超能力的」に見える事
がありますが、これはあくまで「外気功」という事です。
その他にも「ヒーリング的手法」の「外気功」も見かけ
ますが、本来、中国での「気功」とは「自己で実践」を
重ねる「内気功」があくまで「主体」であり、「外気功」
はその「補助」として扱われています。ですが、この
「気功」というものが日本において紹介され始めた当初、
「中国人気功師」が「デモンストレーション」として
「外気功」を度々メディアに紹介した為に、「気功=
外気功」という「誤解」を広く日本に広めてしまったと
いう事なのです。
つまり「内気功」と「外気功」では力としての「氣」の
「質」の使い方が「異なる」ということなのです。本来
の「氣」というエネルギーは「生命」を司るエネルギー
だと言えるのですから「人を転がす」ことには「無意味」
だと言えます。また「ヒーリング」に使われる「気」とは
「サンスクリット呪文」により成る「マントラ」が多用
されていますが、これは「あの世」に有る「不活性な陽の
気」を「呪文」により降ろす行為だと言えますが、その
「気質」自体が「不活性で霧状」の「陽の気」である為に
「練って濃度の高い氣」と比較した時、充分な「効力」を
発揮できません。それであるが故に「ヒーリング=癒し」
と表現されるのです。更には「唱えるだけ」による効力
ですから、これらは「修行」によるものとは「異なる」
と言えますので、その点を明確に認識しておいて頂きたい
と思います。

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました