再解説、トンレンの術の進化、中級編(慈悲の心)7

トンレン
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《慈悲の心》

「トンレン」と「祝由」に関する「技法の一端」を書き

ました。「この世」の全てにおいて「陰と陽」との氣の

含みがあり、「足りない」部分を「補い」元の健全な精

神と肉体そして「氣の循環」をその人の本来在るべき状

態に「調律」するのが、この技法の実践的な姿なのです。

ここ迄は、相手の方が弱っている場合の「使用法」です

が「トンレン」における「知る為の技法」または「修行」

の為には、どの様に使っていけばよろしいのか?

「中級講義」に移りましょう!!

「トンレン」は、基本的には「二人一組」になってやっ

ていきます。その「技術」に「習熟」していく中で「初

級」のうちに、よく有る失敗は、相手に何とか「影響を

与えたい!」また、相手よりも「気力で上回りたい!」

という「意識」が働いてしまい、その心が「呼吸」にお

いてもどうしても「力身」が入ってしまいます。

「力身」が入りますと自身は「氣」を絞り出すのに必死

になりますから、当然「自身」の中が大きく「波立って」

しまいます。自身が「波立つ」と自分の方が「うるさい」

のですから、相手の細かい「氣」の情報など、聞こえる

訳がありませんし、「波立ち」は「焦り」を呼びます。

これでは相手を理解する「技法」が「本末転倒」になり

ます。「トンレン」も一つの「瞑想法」ですし、

これでは「慈悲」も何も有ったものじゃありません。

「何か影響を受けるかも?」と思うと、相手は「本能的」

に「警戒萎縮」しますから「気脈」も「閉塞」してしま

います。これは「日常の会話」と同じで「意図」が入る

と、相手は「身構え」ます。「警戒」されているのです

から「影響」を与えることは基本的に「不可能」になる

のです。やはり「初見」の相手に対して「知ることが」

一番大事なのですから自分は「静かに」して「耳を傾け

る」必要があるのです。

「自分の事は、自分が一番知っているのです。

ですから、相手を知りなさい!」

「自己顕示欲」は「邪魔」になるだけです。

これが「トンレン」の「慈悲の精神」です。

いかがでしょうか?世の中には「レイキ」や「ヒーリン

グ」様々な「手業」がありますが、いつも問題を生じさ

せるのが「施術する側の人」の問題、つまりは「精神行」

を行っていない為に、自分のその時の「我」も相手に渡

してしまう事が多々あり、それが必ず「揉め事の元」に

なる訳で、それを何度も何度も繰り返していながら、

それに対する「解決策」を提示できない。よって「行法」

として非力であり不完全、なのだと言えます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました