弟子との「ギャーナ)のクオリティ((先天の気、後天の気」そして「武息、文息」)2

「氣塾」・教室
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

さて、今回は弟子との「ギャーナ座学、Q&A」です。
普段の弟子との「質問、応答」をまた掲載してみたい
と思います。前項の話からの続きとなります。
「テーマ」は「あの世」に満ちる「先天の気」と「こ
の世」に満ちる「後天の気」に関する解説となります。
《私》
「あの世に満ちている「先天の気」も「不活性な陽の気」となります。霧状といっても良いでしょう。何故ならあの世とは肉体が無く、思った思いは魂から魂へ「氣」によって「ダイレクト」に相手に伝わります。ダイレクトに伝わるという事は、嘘がつけない世界です。嘘がつけないという事は「マジ=本気」となります。あの世は「本気だけの世界」です。肉体が無いから、病気もお金もない、騙すもない世界、つまり本気だけ、それがこの世に生まれてくると、一旦肉体に入りますから、嘘をついても分からない訳です。それでも時間が経てば分かります。」
《弟子》
「なるほど、この世にいるから他人であれ自分であれ嘘をつくことが可能になるわけですね。 嘘隠し立てのないあの世には本気で無いものは有り得ないことになるのですね。 さっき内三合の記事を一通り読みました! 気持ちをとりあえず向ける場所をまず決めておかないと何もできず、何も引き寄せられないんだなという風に思いました。」
《私》
「そう!内三合こそ、本当の「願望実現の法則」です。「まず意を決めよ!」と言われます。意識、意思が大きく動いて「めちゃくちゃ良い!」という意識入れば、氣が動いてアンテナとなり、情報が優先的にもたらされる。そして「力」つまり現実の現象になるということです。これを逆に言えば、それだけ大きく心を動かさないと現実は動かないという事になります。」
「だから、経営者は何かと大袈裟に物事を捉えて思いを焚きつけるのです。良くても悪くても大袈裟にすることにより、次の行動に移ります。社員みたいに冷めて、物事が現実に起こってからでは遅いのです。でも社員は、また「社長」が大袈裟に騒いでいるとやっかみますがね!わははは」
「でも誰かが、先に見切って動く指針を決めないといけません。だから経営者も武人と言えます。武人とは武士、軍人、支配者、経営者、何かに賭ける人、勝負をする人を指します。その反対は文人となります」
《弟子》
「意を決めなければなんともなりませんし、何事も進みませんものね。 目に見える形で現象を起こしていく人は武人、観念的に物事を考察するのは文人なのかなと思いました。 要は実践的か理論的かという言い方でも分けられるなと思いました。」
《私》
「そうですね、文人とは文房の人、文房具の文房とは中国では書斎です。つまり書斎ら部屋の中で仕事をする人が文人、書家、絵描き、物作り職人、音楽家、それらの人は部屋の中でクリエイターですから大人しい中で創作しなければいけません。陽の人、武人みたいに興奮して仕事をしませんよね。」
「武人の呼吸が逆腹式呼吸=胸式呼吸、文人の呼吸が「腹式呼吸」という理由です。暴れていたりすれば、鼻でなんか息は吸えません、よって武息は口吸口吐なのです、文息は鼻吸鼻吐又は鼻吸口吐ですね。」
《弟子》
「なるほどです。 文息は確か習得するのには時間がかかってしまうというデメリットがあるんでしたよね?」
《私》
「そうそう、緩いからその分ちからが身に付くのに時間が掛かります。でも緩いから、あまり波が立ち難い、つまり興奮しないし腹が立たないという「安定の気」がクリエイターにとっては都合の良い側面が多々あります」
《弟子》
「平常の武人は武息によって力を焚きつけていくわけですが、武人であってもゆっくりする際や書斎で大人しく過ごしたりもするでしょうから、その時は文息を使うという形になるのでしょうか?」
《私》
「そういう事です。呼吸法は使用時に応じて使い分けるものですから、安静が必要な瞑想時には文息も後々はアリになります。」
《弟子》
「武息でまず氣を満たし気質を良くしてからの方が習得が早いということですね。 文息であっても陽の気の呼吸はあるんですか?」
《私》
「実は一般的に伝わっている文息は不完全なもので、使えないものです。腹式呼吸は段階的に変化するシステムになっていますが、他派にはそれが有りません。文息であっても陽の気のコントロールは有ります。」
まずはしっかりと基礎力と絶対的な力を養います。
そうでないと、いつまで経っても「ゆとり」が得れま
せん、「ゆとり」が出て全ての力が有効、有益に作用
します。人は「ゆとり」が無いと、何も他の人には
してあげられません。気力でも気量でも、お金でも
体力でも全てに「ゆとり」が必要です。

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました