再解説「集団帰属欲」「集団心理」に従うな!の教え(非常時にはパニックになるよりも従順になる)2

教え
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《非常時にはパニックになるよりも従順になる》

現在の平穏な「日本」では、あまり語られる機会が少ない

「集団帰属心理」や「集団心理」ですが、「13億」もの人

口を誇る「インド」や「中国」においては、基本的には

「恐るべきもの」として語られる場合が多いのです。

例えば「社会的情勢不安」や「不満」から引き起こされる

「暴動」「掠奪」等の「集団ヒステリー」は日本とは異な

り、現在でも普通に「起こり得るもの」として「巻き込ま

れる事」による被害を誰もが「恐れ」ています。

《違う角度でもう一つ上げれば「映画館」で起きる「事件」

や「事故」での「避難」です。》

近年相次ぐ西側諸国のテロ事件などにおいても、仮に「映

画館」などで事件が起きた場合、「非常出口」は必ず「四

方八方」に有る筈なのに、集団は先に誰かが集まった「一

つの出口」に殺到してしまいます。

これにより「逃げ遅れて」しまう方々が大勢出てしまうの

ですが、これも「集団心理」ではあります。

更に一つ知っておかれれば良いのが、

《「映画やフィクション」で「非常時」における集団の

「パニック状態」がよく描かれますが、実際には「ヒステ

リー」や「パニック」に陥ることは、実は「稀」なのです》

《人が「危機」に見舞われた時、実際は「パニック」や

「集団ヒステリー」になるよりも「従順になる」方が遥か

に多く、むしろ周囲に対して「従順」になり過ぎて「手遅

れ 」になる場合が多く、注意すべき点になる。》

ということなのです。つまり「集団ヒステリー」や「パニ 

ック」を「先導する人」は極一部であり、集団の大半は

「従順」に「ただ従うだけ」の存在になり、「悪い結果」

を招いてしまうことが多い、ということだったのです。

でも、これは「非常時」や「危機」だけとは限りません。

「集団帰属心理」や「集団心理」の「怖さ」は、この

「日本」においても、あらゆる「経済の一場面」でも

日常的に起こっている事なのです。

では「経済面」においての「集団帰属欲」と「集団心理」

を考えてみましょう!!

いかがでしょうか?これ、頷けますよね?いざという時

に「こっちに逃げろー!!」って言われたら、思わず従

ってしまう事は、誰にでも考えられると思います。そこ

で少しでも冷静になれば、劇場なら必ず「四方八方」に

「非常口はあるはず!」と閃くものなのですが、見えに

くいとか、後ろから押される等の条件が重なると、誰で

もついつい従ってしまうのです。恐ろしいですねー!!

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました