再解説、氣と魂と念と霊、全ては一如(死へと至る道、行く側と送る側の心)11

このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《死へと至る道、行く側と送る側の心》

さらに、前回に続きます。私が父から感じ取った、

「死に際の人の心理」とは、「死を悟って」穏やか

という終わる心持ちとは違い、「次の世界」への

「安楽の確信」と「体を手放す」ことへの「自由感」

に満ちていて期待さえ有ったと思います。

もちろん、死に様も人それぞれだと思いますが、

「一人部屋」へ移る際の「看護師」さんの説明、

「身内が目を離した隙に亡くなってしまう」

というのは「死に際」に立たされた「人」の心理が

「生への執着」という安易なものではなく、苦しま

ずに死んだ父でさえ、その逆の「安楽」である死の

方を望んだという事実でした。

これは決して特殊な例ではないと思われます。

程なくして、父の亡き骸は病院から葬儀場に運ばれ

る事になりまして、「通夜」から「葬儀」へと儀式

は進んでいくのですが、やはりと言うか残された

「亡き骸」には、父の「魂」どころか残留している

「思念」も一切無く、全くの「カラ」の状態、中を

「スキャン」しても何も無い状態でした。

「通夜」から「葬儀」が終わるまでの間にしても、

父の「気配」は一切無く、残された者達だけが、

父との「別れ」を惜しみ、泣いているという状態

でした。父は楽な「あの世」へいそいそと行ったか、

「49日」の「この世見物」に勤しんでいたので

しょう。

「やはり」と言うか「通夜」を含めた「葬儀」と

いうものは、あくまで「残された者達」が死者との

別れを「納得」するためであり、「ちゃんと葬式を

挙げて見送れた」と「納得」するための、あくまで

残された者のための「儀式」だということです。

最後に印象的だったのは、弟のところの小さい「孫」

が、父の死ぬ前日は、父に近寄るのを「怖がって」

嫌がったのですが、死んだ後の「亡き骸」には、

「おじいちゃん」と言って、笑みを浮かべて頬を

撫でていました。

やっぱり、小さい子はあらゆることが

「分かってるんですねー!」

いかがでしょうか?今世の「あなた」はあくまで

今世の時代環境、親やその肉体でもって作られた

もので、言わば「カット!」と言われた映画の役者

みたいに、その「役」から折りれば、そのあなたの

「魂」はまた違う「性格」なのだと知っておきまし

ょう。よって、前世や前々世ではまた違う環境で違

う肉体を使って、違う性格だったのです。

だから肉体から解放された「魂」とは本当の自由を

得るのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました