本来アウトプットの為のインプット(インプットが伸び悩む時は、大抵アウトプット不足)7

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

最後に、この「世の中」に「インプット」と「アウト

プット」というものがあって、その中で

《「アウトプット」の必要性》を考えたとき、更に

「インプット」つまり「知識の学び」の本質に触れる

必要があります。「インプット」には「知識」以外に

も広く「技術」や「力の使い方」も含まれる筈ですが、

《そもそも、その「知識、技術、力の使い方」の「本質」
や「必要性」が「何処にあるのか」というと、広く
「他の人達に役立つこと」と言うことが出来ます。》

《つまり「知識」だろうが「技術」だろうが、あらゆる
「力」と言うものは「他の人達」に「役立ってなんぼ」
というものであり、「役立たず」では「意味が無い」
ものだと言えるのです。》

「学者の知識」も「技術者の技術」も「氣塾の力」も

他の人達に「役立ってなんぼ」であり、その為に長い

年月を「存在し得た」と言えます。それを言い換えれば

《「知識」や「技術」「力」とは、何処までも「公共的」
で「パブリック」なもの、という「性質」が有ります。》

《別角度で言えば、そういった「性質」を持っていなけ
れば「誰もそれを継承しよう」とはしませんし、それでは
「長い年月」の間に「失伝」してしまう事になります。》

例えば「古式マスターヨーガ」の「技術」で言っても、

それは「3500年前」から「存在」していたものですから、

「長い月日」の中には「戦争」や「飢饉」様々な「不遇」

の「時代」があった筈なのですが、その当時も脈々と

「その時代の先人」によって「伝承」されていた訳で、

《それは「伝承を守ろう」とする「先人の意思」によって
成され、その時の「大の大人」が「伝承を守っていた」
からこそ「現在」の「伝承」も成っているのです。》

我々の「伝承」一つを取っても、それだけの「大の大人」

が守った訳で、それが「いい加減なもの」「伝承」に与え

しないもの「いっときの流行り」レベルなものなら、

とても「後世」までには「伝わらない」のです。

《それぞれの「世代の継承者達」が「伝えなければ」と
いう「意思と責任」においてのみ、それは成り立ちます》

それだけの「意思」を「呼ぶもの」ですから、それだけ

「必要で役立つもの」でないと、そうはなりません。

「あなた」には「伝承」する「責任」は無いのかもしれ

ませんが、それを「役立てる」必要は有るとは思います。

それをしない場合は、ただの「楽しみ」であり、密かな

「趣味」です。

「人達に役立てる」為に「知識」や「技術」は存在します。

一度「アウトプット」してしまわなければ、新たな

「インプット」は出来ない「システム」となっているのは

お分りだと思います。「インプット」が「伸び悩んだとき」

それは「アウトプット」が「足りない」ときなのです。

「貴方なり」から始められても良いのです。

「貴方なり」の「アウトプット」を考えてみては

いかがでしょう?。

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました