再解説「腹の虫」「虫の居所」「疳の虫」人に住む虫の正体(虫は知らせてくれる)8

このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《虫は知らせてくれる》

まあ、ここまで「虫」に関する様々な「衝動的ムズムズ」

を取り上げてきました。それは「体内」における「気の

変動」がもたらすものであり、それが「乳児」であれば

「疳の虫」と呼ばれ、「小児」であれば「多動性障害」、

「大人」であれば「三尸」と言われる「腹の虫」と

いうことです。それは全て「気の変動」なのですから、

「自己の内部」から「湧き出る」ものもあれば、

「外部」からもたらせられる「変動」に対する「反応」

ということもあるのです。

「衝動的ムズムズ」は決して 「悪い」ことだけでは

ありません。それは「今、動くべきこと」や「今やる

べき」な「ベストタイミング」、すなわち「予感」を

含んでいる場合も多い訳で、いわゆる「身内に何か」

が有った時の《虫の知らせ》にしても、その一例なの

です。その場合何を置いても我々は「身内」に対して

対処してあげるべきですし、その「信号をキャッチ」

出来たことは、身内ならではですからそれで「助ける」

事が可能になれば、それは、ある意味「喜ぶべきこと」

なのです。更に私を含め「経営者」は、この「衝動的

ムズムズ」を多分に「信用」「利用」しています。

何故なら、それは「経営者」にとって、まさに今動く

べきな「気配」を「察知」したからであり、それに

瞬時に「対応」することは、「会社」や「団体」を

存続させる為には、重要で必須の「センス」だと言

っても決して過言ではないのです。

それでも「虫」すなわち「氣」は、やはり、その

「持ち主」によって「管理」「制御」「安定」され

ている必要があります。その為には「呼吸法」が

一番「効果的」であり、それ以外は無いと言えます。

その「虫」を「制御」できれば「可能性」は大きく

膨らむのです。あらゆる「予感」は我々の進むべき

絶好の「タイミング」を「ムズムズ」という「虫」

で教えてくれます。「あなた」がその「必要性」と

「有用性」を理解されたのでしたら 、

「氣塾」にいらしてください。

《「虫を操る法」をお教えいたしましょう!!。》

いかがでしょうか?「疳の虫」も「虫の知らせ」も

「氣」のものなのです。全ては「勘」であり「微細」

だから、自分の感情の方が「うるさい」と「気のせい」

として「流れてしまう」ほどに「はかないもの」だと

言えるのです。その「微細な信号」を漏らさずキャッ

チする為に、我々は呼吸法により「無我」を作り上げ

るという訳です。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました