再解説、続、本当に使える「瞑想」の正体(この世の物理法則)8

瞑想
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《この世の物理法則》

「瞑想」と「チャクラ」の関わり合いについて解説を

進めていきましょう。まず「瞑想」によって言わゆる

「ビジョン」により何かを見る訳ですが、各感覚を司

るのは、額にある「6番チャクラ」です。

「第三の目」とも呼ばれますが「視覚、聴覚、嗅覚、

味覚、触覚」更に「第六感=勘」を含めた、全ての感

覚を統合して持っています。ですから「正確な瞑想」

をしたいのであれば「6番チャクラ」の蓋を開いて、

作動が出来る状態にする必要があります。生まれなが

らに「6番」が敏感に反応する「霊感体質」のような

方々、また他の人からの「影響」を受けやすい方々も

「6番の蓋」が開いていて他の人の「感情、感覚」含

めて、拾ってしまう場合が多いのです。

ただし、それらの人達は、その感覚の原動力となる

「気力」を鍛えている訳ではないので、その体調によ

り得れる「情報量」や「正確さ」は不安定であり、

その力が、当人の制御下に置かれているとは限りませ

ん。そのような「反応しやすい」人達の「受け取って」

しまうという「作業」、それも「瞑想」とも言えます。

何故なら「物理の法則」の元にある「この世」におい

ては、本来、他の人と「喋ってもいない」筈なのに、

他の人の「状態を悟る」のです。言わば「知る由も無

いものを、知る」訳ですから、この事自体に「瞑想の

秘密」が隠されているということです。

全六感「視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、勘」全ての

感覚が「覚醒」すると言うことは、時間が一定方向に

動く、

《物理法則の「縛り」の外に「感覚」が存在する。》

ということを示しています。ただし、それらの「情報、

信号」は「場所や時間」により、その強弱は変わりま

すが「絶えず、我々の周りに満ち溢れています。」

よって「瞑想」による効能の第一義とは、特定の「念

仏」や「呼吸法」により、自らの「意識レベル」を低

下させて「心の内外」を「静かに」して「聞き取り」

やすい状況を作ると共に、「チャクラを覚醒」させて、

それらの「情報」を「物理法則」に囚われずに受け取

るということを示しているのです。

いいですか?この「物理法則」に「囚われない情報」

ということが「ミソ」なのです。

いかがでしょうか?「6番チャクラ」はそれを機能させ

るのに「大量の気力」を消費させます。我々の様に下位

のチャクラから鍛えて、上位のチャクラの「下支え」を

出来ない場合は、人によって当然その時の「気力、気量」

はバイオリズムの影響を受ける訳ですから、気力が有る

時は少なからず使えても、気力が下がっている時、その

方の「6番チャクラ」はとても「不規則不安定」となる

訳です。それは「精神自体の不安定さ」も呼びますから、

決して遊び半分で「チャクラ」を使おうとしない方が、

あなたのためとなります。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました