再解説「人生とは本来楽しいものである」の哲学的検証(決して楽しいに違いない、ではない)1

哲学
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「人生とは本来楽しいものである」の哲学的検証》

《決して楽しいに違いない、ではない》

さて、今回は「ギャーナ」「哲学的考察」です。

前回の「テーマ」からつながってまいります。

《「人生」とは、本来「楽しい」ものである。》

という言葉があります。これは「インド哲学」の

「ウパニシャッド」にも出てきますし「古代ギリシャ」

を含め「西洋哲学」「キリスト教」の「人生観」にも

同じ様な表現があります。よって一つの「真理」と言

えますし、私もそう思います。

でも、前回の「テーマ」にもあった通り、「精神的」

に弱い「エンパス能力」を持つ方々にとっては「この

世」での人生とは「生き難い場所」であり、「どこが、

楽しい場所なのだ?」とも思っておられるでしょうし、

《総じて「弱い方々」にとって「この世の人生」とは、

「楽しい」と真逆に当たる、もう一つの「真理」、

「この世」とは「修行の場」である。

こちらの方がしっくりと同感出来ると思います。》

つまりは《「人生」とは本来「楽しく」はあるが「修

行の場」でもある。》というところが「折衷案」とな

ります。一見、この「真逆」ともとらえられる「楽し

い」と「苦難の修行」というニュアンスを聞かれると、

「哲学的思考」に不慣れな方々や、何かと「白黒」や

「良し悪し」のどちらかだけを好まれる「二元論思考」

の方々には「どっちなの?」と混乱を引き起こす元と

もなり得る「思考法」ではあるのですが、

《「あの世とこの世」のシステムを知り、「ギャーナ」

の「思考循環」を重ねると、実は「楽しい」と「苦し

い修行」の「人生観の本質」は「根」ではつながって

いるのです。》

今の時点では、この「つながり」は未だ見えないと思

いますから、順番に「検証」して参りましょう。

先ずは《「人生」とは、本来「楽しい」。》からです

が、この「楽しい」とは決して単純な「楽観論」

「楽しいに決まってる!」とか「楽しく感じよう!」

から出来ている訳ではありません。何故なら実はこの

「真理」には、更に「二つの注釈」が付け加えられて

います。まず「一つ目」は、

《「人生」とは、本来「楽しい」ものである。でもそ

の「人生」を「楽しい」ものにする為には、自らが

「切り開いて」いかなければならない。》

ということです。

いかがでしょうか?今回は「人生の正体」に付いての

一つの「答えの形」を示すものです。「氣塾」には様

々な立ち位置、困難、問題を抱えた人達が「強くなり」

その状況を「切り抜ける」為に参加されているのです

が、皆さん、それぞれに「何故、自分ばかりが?」と

いう想いに駆られていると思います。でもね、それら

を自力で乗り越えて行った先には、何も無い「平坦な

人生」と比較した時に「色々有ったけれど、面白かっ

たなー!」と思える境地が待っている。という話しな

のですよ。今はその真っ只中だから辛いのだって事で

すね。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました