再解説「人生とは本来楽しいものである」の哲学的検証(人生を切り開いて行く)2

人生・自分
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《人生を切り開いて行く》

《「人生」とは、本来「楽しい」ものである。でも、

その「人生」を「楽しい」ものにする為には自らが

「切り開いて」いかなければならない。》

では、具体的に「人生を切り開く」とは、どういう

ことでしょう?。例えば、私で言えば、私は10代の

頃から、自身の「エンパス能力」には認識を持って

いましたが、それに翻弄される事は無く、もう片方

の「冷めた目」で、その「能力」と「他の人」を観

察し研究していました。そんな私は「エンパス能力」

を逆手に取って「活かす」為に「衣料、雑貨」の販

売という職種を「選択」しました。その理由は、

《当然「お客様の心の内」が「理解」出来ますし、

服屋や雑貨屋に来られる「お客様の精神状態」は良

好な方々がほとんどで、よって「悪い影響」を受け

ることも、ほとんど無いからです。》

私はこの「能力」を利用して、トップクラスの営業

成績を挙げて、更には独立開業するに至りました。

そこから更に「師匠」と出逢うことにより、私の人

生は「変化」していきます。

《更に私は「古式マスターヨーガ」と「武当派太極

内丹法」を体得する事により「気力」「精神力」を

強化して、更には「エンパス能力」を強化して、そ

の能力を「自らの、コントロール下」に納めました》

これは、もちろん「修行の成果」ではありますが、

この「修行」を貫徹することにより、更に「他の人

達に役立つ」為に2011年に「氣塾」を立ち上げ、現

在に至っているのです。

つまり「切り開く」ということは「その人その人」

独自に備わる「能力」を制御下に置き「征し」、も

う一つの「基本原理」でもある、

《他の人達の「人生」「生活」に役立つ。》

「役立てる」ということです。でも、今日も、その

「エンパス能力」に「悩み嘆く」人達の思いが寄せ

られて来ます。つまり「征する」「役立つ」ことが

出来ない人達には、何が「待つ」のでしょう?

それが「二つ目の注釈」である「我慢」です。

《「人生」とは、本来「楽しい」ものである。でも、

その「人生」を「楽しい」ものにする為には

自らが「切り開いて」いかなければならない。

「切り開いて」いけない人達には「人生」は「我慢」

を強いることになるだろう。》

ということです。

いかがでしょうか?これが「次の段階」となります。

何故「エンパス体質の人」に限って、看護師や介護

士、整体師等の「病んでいる人達の集まる場所」で

働こうとするのか?という事です。それはもちろん、

少しでも他の人の役に立ちたい!という「奉仕的な

良い心」がそうさせているのには違いは無いのです

が、何処かで「自分よりも病んでいる人」「不幸な

人」を探している。そんな心が私には見えているの

も、正直なところではないでしょうか?

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました