再解説「人生とは本来楽しいものである」の哲学的検証(出来ることから試して行こう)4

人生・自分
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《出来ることから試して行こう》

《「人生」とは、本来「楽しい」ものである。

でも、その「人生」を「楽しい」ものにする為には

自らが「切り開いて」いかなければならない。

「切り開いて」いけない人達には「人生」は「我慢」

を強いることになるだろう。》

つまり「切り開く」ということは、どこまでも自分

自身との戦いなのです。本来、精神的に弱っていな

ければ「あなた」にもそれ相応の「ポテンシャル」

が宿っている筈なのです。

大切なのは「折れそうな、自分に勝つ」ことなので

す。皆そうして「強く」なったのです。

《これ以上、自分自身に「落胆し」「諦める」こと

を避けなければなりません。》

その為の第一歩とは、自身の「長所、短所」をまず、

「正確に把握」し認めることです。そして「長所」

は、更に「活かす道」を考える方向で行くのですが、

「短所」は「切り捨てる」「諦める」のが正解な訳

ではなく、その「短所」の中に「成功の種」を見い

だし「逆手に取って利用」する事も考えてみて欲し

いのです。「エンパス」や「霊媒能力者」と様々な

お話しをさせて頂いていますが《皆さん、元々その

「能力」故の「虚弱体質者」です。》直ぐに疲れち

ゃいますし、直ぐに弱ってしまいます。ですから仕

事を長続きさせるのは困難ですし、自宅にこもる事

が大半です。「今は、しょうがないですよね?」

でも、自宅に「こもれる」のにも限界が有ります。

ならば、私がそうした様に、

《「服屋」や「雑貨屋」「花屋さん」「ケーキ屋」

「パン屋」等、基本「ハッピーな精神状態」のお

客さんが買いに来るお店に、週に1日でも2日で

も「バイト」しに行ってみてはいかがでしょう?》

その様なお店なら、あまり悪い影響は受けません

から、そこから徐々にリハビリをしていくのです。

そこで「あなたの共感力」を存分に発揮して真摯

に誠実に「お客さん」に対するのてす。

「大丈夫です!」そうすれば必ず結果に繋がりま

す。「あなた」がどれだけ精神的に弱っていても、

二度、三度、四度と上手くいけば、必ず自信が付

き、自信を取り戻せる筈で、そこまで諦めずに頑

張るのです。必ず「あなたの共感力」は活きます

し活かせるべきです。

《「あなたの出来る」ことから「試せば」良いの

です。》

《「人生を切り開く」とは、そういうことです。》

「氣塾」はそこまで導き、見守る為に在ります。

いかがでしょうか?自分に合う「役立ち方」を見つ

けて、只ひたすらに、何年もの年月を捧げる事によ

り何が生じるか?と問われたら《何かを続けてきた

人だけが「運を溜め込む事」が可能になる》と答え

ます。先代の師匠達も皆そうでしたし、私もそうで

した。だからそうなのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました