《「精神世界」の不可思議さ6「1800年代の芸術家2」》

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

1800年代 後半の印象派の画家「セザンヌ」も

ある意味「特異」であり「天才的」な人ではないで

しょうか?。彼の作品は一般的にも「難解」とされたり

します。1860年代の初期の作品は「ドラクロワ」の影響を

受け、ロマン主義的な作品が多かったのですが、1870年代

ピサロとの出会いを機に「印象主義」の技法を習得、

やがて「モネ」や「ドガ」らと共に「印象派のメンバー」の

一員として活動しますが、70年代後半頃には印象派の主張に

不満を持ち、「セザンヌ」独特の規則的な筆触を用いて

対象物を再構築する手法は80年代より出てきます。

サロンでの落選が続いた「セザンヌ」の初入選は彼が43歳の

時でしたが、ここから独特の「哲学論」が展開されていきます。

「私は毎日進歩しつつある、私の本領はこれだけだ」

全ての作品に対して「未完成」と自ら評し、全てを「否定」して

「組み立て直す」ベルナールの『回想のセザンヌ』の中にも

数々の考えが出てきます。同時代の画家達に対しても

「ピサロは自然に肉薄した、ルノワールはパリの女性を創った、
モネは一種のヴィジョンを与えてくれた、外には取立云うほどの
者はいない」

と評しています。後期の「セザンヌ」はルノワール以上に、

書く対象の「本質」を表現するのにこだわりました。それは

対象の形態を読み取り、再構築する為に、必要部分を加えたり、

あるいは不必要な部分を削り取る。特殊な作業を要しており、

書いていた静物画を完成させるまでに花は枯れ、りんごが

腐ってしまうことは度々であった。という有名な逸話が残って

います。その「難解」とされる作風の由縁として、通常の

伝統的絵画の手法として、事物は固定された単一の視点から

眺められた「線遠近法」により表現しますが「セザンヌ」の

作品では、複数の異なった視点からのモチーフが同一画面に

描き込まれモチーフの形態は「単純化」あるいは「デフォルメ」

されているのです。彼の「分解」して「再構築」する表現法は、

後の「ピカソ」によって発展した「キュビズム」の元になって

いきます。後の「エミール・ベルナール」に宛てた書簡に

出てくる有名な「フレーズ」に、

《自然を円筒、球、円錐によって扱いなさい》

《眼は形態を歪め、精神は形態を作る》

というものがあります。彼もまた画家でありながら「哲学家」

でもあり、独自の「禅」の中に「悟り」を得た「修行者」で

あったに違いありません。

更に続けてまいりましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました