「氣塾」での質問「クンダリニー覚醒=解脱なのでしょうか?」前編

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

生徒さんを通して「一つ」質問を頂きました。

「クンダリーニが覚醒すると言うことは、チャクラの流れが
滞りなく繋がっている。ということで、解脱すると言う
こととは、別の意味でしょうか? ネットで調べたら、
クンダリーニ覚醒イコール解脱みたいに書いてあったので
以上、宜しく御願いいたします。」

 

了解いたしました。「クンダリニー覚醒」の「クンダリニー」

とはサンスクリットにおいて「クンダラ=螺旋管」、すなわち

「体内」を「螺旋状」に頭頂に向かって伸びている「ナーディ=

気脈」を「クンド=火」が通り抜ける様を示しており、専門的

には、そもそも「体内」において「不活性」であった「気」が

「活性化」する事により、本来、長らく詰まっていた「気脈」

の「詰まり」と「ムーラーダーラ」から「サハスラーラ」

までを結ぶ、メインの「気脈」の内部「3箇所」に存在する、

「クンダリニー上昇」の「障壁」となる「グランティ」と

呼ばれる「結節」の「破壊」により、「氣」の「循環」と

「チャクラ」を回す準備が確保できた、その「状態」こそが

「クンダリニー覚醒」を示しています。ですから

これは厳密には、そこから始まる「行の準備」が整ったと

いう訳で、物事には全て「段階」があり、実際の「行」には

そこから「知るべき物事」「体験すべき物事」が有りますから、

「覚醒」が「同時」にイコール「悟り」では無く、そこから

長らく続く「行」の「入り口」に立った、に過ぎないのです。

尚「悟り」の「概念」に関しては、仏教の中国における「禅」

においても「段階的」な手順を得て起きる「悟り=漸悟」を

説く「北方禅」。「一度」に起きる突然の「悟り=頓悟」を

説く「南方禅」というように「諸派」と「時代」により

「概念」や「定義」は「変化」しますし、「大乗仏教」の

ように《「悟り」は固定した状態ではなく、悟りの行は、

「自利と利他」の両面の為の「行動し続ける」ことに在り。》

「利他的」に悟りを求める人々に「実践」を指導する事こそ

「釈迦」の「姿と教え」であり「悟り」への「道」とする、

「六波羅蜜」の「菩薩行」の「思想」もあります。私個人

の考え方においては、仮に、当初の「悟り」が「飛躍的」で

あったにしても、我々が体を持つ「人」である以上

「悟りを持続」する必要があり、よって「行動と活動」に

おいてしか「持続不可能」との考えから、《「段階的」で

あって、然り》という「立場」をとります。

長くなりましたので、次回は「解答」の後半、

「解脱」を解説いたします。

次に、続きます!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました