「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」8(仏教的世界観)

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「業=カルマ」の論理「業論」とは、人の「人間生活」

その全ての「現象」を包括して、説明しようという非常に

精密で野心的な「理論」へと発展することになります。

現実世界の中で人に行ないに対しての結果、すなわち「果報」

をもたらす力を「引業」と言い、その為の諸条件を「満業」

と言います。そして個では無く、集団において結果をもたらす

力を「共業=ぐうごう」とします。そして前回に出ました、

「三業」のうち、表現として出ない「意業」を除き「身業」

と「語業」の具体的に表現として働く力を「身表業」、

「語表業」と呼びます。特にこの表に表れる、二つの

「表業」は 「今世」だけの「刹那的」なものではなく、

勢い「余勢」を持つものであり、「来世」に尾を引く

「果」の要因である。ということで、この「身語」の

表面化しない二業を「身無表業」「語無表業」と呼ぶのです。

そして、初めの「意業」と「身語」に関わる、それぞれの

「表業」「表無業」それら「四業」を合わせて「五業説」

と言います。

よって「仏教世界」における「業=カルマ」の「因果論」を

考察する時、「業」の定義として原因たる「因」は、結果と

しての「果」に帰結してこそ「因」であり「業」足りうる。

これが重要な骨子になり。その為には「諸条件」になる

「縁」が必ず関与している。その「縁」の関わりによって、

さらなる「良因」「良縁」が整い、それが「良果」となる。

これらの「因縁」とは「余勢」を持ち「今世」だけに

止まらず「輪廻転生」の中で、その「魂」によって、

「継がれていく」べきものなのです。

分かりましたか?「業=カルマ」と言うものは、安易に

「運命を変える、不可思議な力」というような単純なもの

ではなく、「輪廻転生」の中で「受け継がれて」いく「才能」

や、その人の「特性」全てを含めて「説明」されている

「因果論」であり「宿命論」なのです。なぜなら、仮に

「前世」でピアノを演奏する事が得意であれば、必ずピアノ

に関しての「人のつながり」や教授して頂いた先生の「恩」

そして「縁」等々の、他の人との「貸し借り」が発生して

いる筈で、また、そこに「業」が生じて、その「縁」や、

その「素質」は「前世」だけでは無く「余勢」を持ち、

「今世」に継がれていく。そして「今世」でも「約束」

した「貸し借り」のある人々と、出会い、また新たな

「物語」を作り上げていくのです。本当の「業論」とは、

このように「基本的物理法則」にも似た精密さを持って

いるものなのです。ですから「広義」においては「今世」

での出会う「縁」の全てが、前世迄に培った「業」による

もの、とも言えるのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました