「氣塾」での質問「周天法の謎(周天法の条件)」2

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「氣塾」で身に付けて頂く「周天法」を可能にする

「条件」とは「武当派」の「内丹法」における「周天法」

の「条件」でもあります。前回の解説の整理をしますと、

1.「気脈」「奇経」の「詰まり」が取れていて通じている。

2.まず「陰の気」の養生が出来ていて、更に「陽の気」の
養生も出来ている。

3.「氣」をコントロールする為の「呼吸法」「調息法」を
既に体得している。

これらは「基礎条件」になります。更に続けますと「氣塾」

では「陰の気」を強力に養生しますので、「陰の気」の

養生段階から、既に「周天法」の練習を始めるのですが、

本来「周天法」とは「陽の気」によって成されて、初めて

その「効力」を発揮することが出来るようになっています。

ですから「陰の気」の「周天法」は、本格的なものではなく、

あくまで「準備段階」と言えます。

そこには「一つ」の条件が隠されており、その条件とは、

背筋を通る「督脈=とくみゃく」に「鍵」があります。

まず、上記「1」の条件が満たされるには、気道である

「スシュムナー・ナーディー」内の3箇所に存在する、

「グランティ=結節」を破壊してないといけません。特に

安全に「6番、7番チャクラ」の開発を行なうには、

「必須条件」になるのですが「6番、7番」は「頭部」に

存在し「精神」に直結した非常に「デリケート」な部位に

当たりますので、「弟子」にもまだ教えていません。

更に「周天法」を可能にする為には、大量の「気量」が

通せて「内圧」に耐え得るだけの「督脈」「帯脈」の

「太さ」が「確保」されていなければならないのです。

これは「周天法」が「氣」を体内に「周回」させる為の

「技術」なのですから、当然の条件とも言えます。

ということは「術」を教える者は、この「条件」を

満たしているのか?を「見極める技術」を持たなければ

ならないのです。「氣」を教える時、この「技術」を

しっかりと「マスター」していなければ、「円滑」な

「氣」の「循環」を確保出来ません。皆さん「大人」

ですから、既に身体に様々な「かたより」なり「癖」を

持っている訳で、放っておいて「氣」の強化だけを

行なうと、「氣」の更なる「かたより」や「とどこおり」

を作ってしまうことになり、「安全」な「行」が

行えないことになりますから、気を付けて頂きたい

所です。

ざっと、重要な所を軽く書くだけでも、「条件」とは

これだけの「量」になります。実際には更に細かく

「加工段階」ごとに、厳密に分かれているのです。

次回に、続きます!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました