「他の人」との「関わり合い」を考える1

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「氣塾」を展開していて、「生徒さん達」から非常に

よく聞くのは、「他の人」との「関係」での「悩み」です。

これも「毎度」の事ながら、「この世」では、それぞれの

「人達」が、それぞれの「思惑」を持ち動いている訳で、

その「思惑の違い」から、その様になるのですが、基本的に

「思惑」の分からない人達に、仮に「ああ なって欲しい!」

「こう なって欲しい!」と言ったとしても、まあ、相手は

簡単に「了解」して「変わって」はくれません。

まぁ「氣塾」であれば「トンレン技法」を使って、相手の

「思惑」を「読み取って」、「思惑」の「ベクトル」を利用

して、相手を「動かし」なさい。と言うことですが、これは

「一つ」の手っ取り早い「手法」であり、また「後に」解説

いたしますが、まずは、その「手前」にある、「相手」との

「関係性」や「間合い」について「考察」を進めるべきです。

相手は、余程の関係性が無い限りは「変わってくれ」と

言っても「変わってはくれません」。それは「あなた」との

「思惑」の「ベクトル」が違うからです。「あなた」にしても

「一つ」の「角度」からしか「アプローチ」していない筈です。

そこを「馬力」だけで「押し通そう」としても、尚更に無理が

生じます。人も全て「陰陽」です。よくある話で「押してもダメ

なら引いてみな!」です。人は皆、「多面的」なのです。

他の人を「変えたい」のであれば「あなた」が変わった方が

「早い」のです。あなたが「弱い」から、相手に「依存」が

生じるのであり、あなたが「強く」なれば「依存」は「減少」

します。相手は、あなたの「立ち位置」が変わって、「依存」

が「減少」したのを「感知」したら「どうしたの?」と

なって、何らかの「レスポンス」を送ってくるでしょう。

もっと「狡猾」に生きましょう!同じ「位置」に立って、

変わらない「現実」に「モヤモヤ」悩んで、無駄に時間を

過ごすのでしたら、あなたの方が「立ち上がって」変化を

すれば良いじゃないですか?「絶対法則」として、

《「人」は「知らない」から「恐れる」のです》ならば

知りましょう!!《「強い」と「弱い」なら圧倒的に

「強い」方が「楽=らく」なのです。》ならば「強く」

なりましょう!!「人」というものは「肝心」な時は、

必ず「一人」で「選択」を迫られます。その時に

「他の人」ばかりに「相談」して、皆から違う「意見」を

もらって、更に「悩み苦しむ」くらいなら、「強く」なって

「しっかり」と自分の「意見」を持ちましょう!そうすれば

自ずと、他の人との関係性は変化して、あなたは知らぬ間に

「人」の「中心」に立ち、「意見」を「聞かれる側」に

立つようになるのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました