「発想の転換」が人生を変える!!(将の五危論)8

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

前回「孫正義」氏の「後継者」選びの「条件」として、

挙げた、「孫子」の「将の五徳」の話を出しました。

それとは、いわゆる「リーダー」の持つべき「資質」

であり、「長所」としての一つの「哲学」として、

「将とは、智、信、仁、勇、厳なり。(第一篇計)」

と言われる「思想」ですが、「発想」というものは、

必ず「両極」が存在し、一つの「正面的」な「正論」も

「度」が過ぎれば、裏返って「弱点」ともなり得るもので、

それは「孫子」の「弁証法」においても、物事の「正面」

のみを見ることになる為、「孫子」は「素養」として、

返って「敵」に付け込まれる恐れを持つ「将」の「短所」

として「将の五危」を唱えています。

「故に将に五危有り。 死を必するは殺す可し、生を必するは
虜にす可し、忿速なるは侮る可し、廉潔なるは辱しむ可し、
民を愛するは煩はす可し。 凡そ此の五者は、将の過なり、
兵を用ふるの災なり。軍を覆し将を殺すは、必ず五危を
以ってす、察せらず可からざるなり。」

というものですが、今回はこれの解説よりも、非常に

分かりやすい、真逆の「発想」として有名な戦国の名将

「伊達政宗」の名言を紹介します。

「仁に過ぎれば弱くなる、義に過ぎれば固くなる、礼に
過ぎれば諂いとなる、智に過ぎれば嘘をつく、信に過ぎれば
損をする。」

となります。いかがですか?分かりやすいですよね?

結局、毎度のことで全ての物事の「本質」には必ず「両極」

が存在する為に、用兵の長たる「将軍」は刻々と変化する

状況に応じて、この「五徳、五危論」すなわち

「利害に関する、両極論」を自在に駆使する「必要性」と

「柔軟性」「バランス感覚」を訴えています。そして、

これは同時に《「思考」の「偏り」に対する「リスク」》

も問うているのです。

あなたが、もし数人、数十人の人達の「リーダー」になり

物事を遂行しなければ、いけない「立場」になるので

あれば、《「最低限」この「両極」の「発想」を備える》

必要があります。この程度の「柔軟」な「発想」が

出来なければ「人」の上に立つのは無理だと思います。

「人」の上とは、それ程に重い「責任」を持ちますし、

それに応じた「重圧=プレッシャー」も掛かります。

それ相応の「器量」を要求されるのですから、

「固まって」いると、やがては「潰れて」しまうのです。

もっと「柔軟に」「柔軟に」いきましょう!!

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました