続、「念」の正体(念は残るから残念)5

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「念」とは、日常であって、決して「特殊」なものでは

ない!という表れに「残念」という言葉があります。

「足りない」や「満足がいかない」、悔しくて「思いが

残る」ということを示しています。「人」は普段でも

「呼吸」と共に、それが少量であっても「気」を「循環」

させ「気」を「発散」させます。それに「思いの波」が

乗ったものが「残る」のです。それが「残念」です。

例えば、朝の「満員電車」に乗ると、皆が一斉に「あー、

うっとおしい!」という「念」を残す訳です、それは、

「人から人」へと「伝場」していき、その場にいる皆が

同じ「うっとおしい!」という「思い」を「共有」する

のです。よって「都会」に「生きる」と言うことは、

「他の人」のを含めて《「念」にまみれて「生きる」》と

言うことなのです。そして、その逆に「田舎」では、

「人口」が少ないので、まみれる「念」も少なく、それ故に

「人恋しく」なるのでしょう。例によって「念」には

「良し悪し」は関係ありませんから、皆さんが「欲しい」と

「念ずれば」それは、皆の出す「念」が同じ方向の「流れ」

になることを示し、それが「流行」となるのです。

分かりましたか?「念」とは、一つの「気の波」で、

「人」がいれば「人」の数だけ、絶えず「思い」が

「残され」「落とされ」ては「流れて」いくものなのです。

特別に「残す」という行為をしなければ「洗い流され」て

「波」は「減衰」するものなのです。「残す」ということは

その時の「思い、念」を何かに書き記したり、「形」にして

「残す」という行為です。

これが何を「意味」しているか?次回に続きます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました