「氣塾」への質問「人とは、何であろう?」(人の行く末)3

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「人とは?」「自分とは?」何であろう?また、何の

為に生まれたのであろう?という「問い」は、太古の昔から

論じられてきた、一つの「命題」でありますが、「究極的」

な「問い」でもある為に、答えは「単純」になり難い

ものがありますし、「単純」である「必要」も無いのかも

しれません。しかし、その「命題」を更に「広く」、

「生き物」とは?と、した時に「チベット仏教」では、

《全ての生きとし生けるものは「より良く」なろうとする
方向にあり、「より良く」なろうとする権利を持つ。》

という「思想」があり、私もそのとおりであると思います。

それに沿って、「人間」も「より良く」なろうと科学技術を

発展させて「文明」を発達させてきました。ならば、

ここから先の、「人の文明」や「世界」とは、皆「一様」に

成るのではないか?という「議論」が発生します。

つまり、更に「科学技術」が発達して、人類が「貧困」や

「戦争」の問題を「回避、征服」出来たとき。未来の

《この「世界」は、皆、平和で「一様」になっていくのか?》

という「議論」です。

これ、私の答えは「否」です。昔、「原始文明」から、

「中世」にかけての「文明」がまだ「発達」するまでの

「世界」では、ある程度は「一様」でした。どの国においても

「集落」が出来て、「村」が出来、「町」になり、「都市」に

なり、地方の「豪族」が出来て「通商保護」の為の「軍隊」が

出来て、「豪族」間の「離合集散」があり、やがて「一つ」の

「国」として「統一」されるまで、どこの「国」であろうと、

行われてきた、ある意味「必然的」な「人」の「進化」の

道のりでもあった訳です。あらゆる「科学技術」や「医学」

「思想」「信仰」も、その中で培われてきたのですが、

そこから「現代」に「時代」が進む中で、各「条件」の

異なる、その「国」、その「民族」「人種」ならではの

「イデオロギー」や「思想形態」が発達した為、この「多様」

な「現代」の「世界」になったのです。今回の

「ギリシャ危機」にもあった通り、「国」の「財政」が破綻

しているにも関わらず「緊縮」を受け入れる事が出来ない、

「ギリシャ」の人達の「思考」は、我々には理解し難いものが

有りますし、「大中華思想」を含めて、その「国」ならでは

の「思想」は、「現代」では、まさに「多種多様」になり過ぎ

てしまって、「文明」が発達する以前の「一様」な「世界観」

を持つには、「もう、遅過ぎる」し「既に、戻れない」と

言うところだと思われます。それは1994年に始まる「COP」

地球温暖化に伴う「二酸化炭素排出量削減」問題での各国の

「経済優先」の対応を見れば、一目瞭然であり、もはや、

「人」では無く「国」レベルでの「エゴ」であり、

「一様化」は望めないのが「現実」なのではないので

しょうか?

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました