本当に使える「氣」の正体(瞑想の正体3)

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

前回の「瞑想の正体2」に続きます。

本当に使える「氣」の正体(瞑想の正体2)
インドだけでも、数万のオーダーで存在する瞑想法、それらはどこの国でも存在する、原始的な無機、有機を問わ無い、万物に対しての自然崇拝、精霊崇拝(アニミズム)の中の呪術、祈祷等と共に存在し、発達しました。日本においても「古神道」から発する「古事

「瞑想」というキーワードを元に、世界を見て比較していくと、

基本的には「宗教、信仰の歴史」そのもので、特にアジアにおいては、

古代インドの「アーユルヴェーダ」そして「ヨーガ」を発祥として、

「仏教」を産み「密教」を産み、それらはスリランカ、チベット、

東南アジア、中国を経由して日本にも渡り「名前を変えて」研究され、

伝承されており、それぞれに特徴は有るものの、かなりの部分において

共通点と重複する部分が見受けられました。方や海を越えた西洋に

おいても「瞑想」は信仰と共に在り、同じ人類が「神の意」に近付く

方法であり、自己の心身を鍛え上げる「行法」として伝承されて

いました。例えば太平洋の真中に浮かぶ「ハワイ」には、古代から

伝わる「フナ=秘密」が在ります。この「フナ」自体は後のハワイ文化

研究者マックス・フリーダム・ロングが付けた言葉で、本来は

【カフナ】と呼ばれるシャーマンの専門家による「教えの集大成」

を示します。人の持つ三種類の自我。 考え、思考する自我、自分で

ある「ミドルセル」、記憶と本能をつかさどる「ベーシックセルフ」、

人の内に宿る(神)の性質である「ハイセルフ」。

この三つの自我を調和させる為の方法、効果的な祈り、感情の

コントロール法が【フナ】で、これにより地球のエネルギーを使える

様にします。その哲学は「バランス」を重んじ、世の全てが

「あるがまま」で良く、様々な出来事によりバランスが保たれている

【ポノ】を重要視します。 この考えは「観行」にも通じ「陰陽五行説

」にも通じます。この様に古代ハワイからの教えも、他に通じる訳で

「人が行を重ねて、行き着く事実と知り得る知恵は、様々な行法が

あれども、全く同じ所に至るという(事実)の証明にもなります」。

「行法」による、進み方の違いは有りますが、これらの「瞑想」を

「性質」を元に分類すると以下の様になります。

1、心を落ち着け 何もしない瞑想法
「止行」とも呼ばれる。伝統的な上座部仏教の「サマタ瞑想」が
代表的、サマタとは心を落ち着ける意を持ち、仏教教学において
まずはサマタ瞑想「止行」により禅定を得ることが修行の根本と
なる。キリスト教の「ヘシュカスム」の初期段階もこれに近いと
思われる。

2、観察する瞑想法
「観行」とも呼ばれ、上記の「止行」と組み合わせて「止観行」
と呼ばれる。仏教においては「正念正和」を基部にします。
これは自身の感情、行動を(常に気付いて観察し)自覚する
事に始まり、自己の制御を目指すのですが、代表的な
「ヴィパッサナー瞑想」では様々な流儀が存在するものの、
共通点として、今の瞬間ごとの自分に意識を集中する事により、
「今・ここにある」「あるがままの自分」への「気づき=サティー」
をもたらし「念」の確認につながる。言葉によるラベリングを
行うマハシ系、「安般念=アーナパーナサティー」と組み合わせる
ゴエンカ系等があり、様々な哲学と共に進行、完結させていきます
。この完成は釈迦に由縁しており、仏教のゾクチェンもこれに
類すると思われます。

3、集中する瞑想法
様々な宗教、宗派により研究実践されており、その目的、深さも
様々です。共通点として各個別の「対象」があり、その「対象」
に集中し無関係な雑念を排除する事から始まり、個人的な感情
反応も無くし、客観的な本質を対象にして集中します。
これらが前提になり、単純で意識的な通常の「粗い思考」、
移り変わる、無意識的な「細かい思考」、これら二つの思考自体
を無くした「三味=サマディー」を引き出す、三つの段階に
分けた、心の働きを無くし「対象」の本質との一体化の段階を
得て、更に深い瞑想に移って行きます。先に在る「無」と「有」
の極限は「光」を体験する境地に至るとされます。

4、イメージする瞑想法
密教の「阿字観、月輪観」、ユダヤ教カバラの「メルカーバ観想」
等が代表的。「阿字観、月輪観」共に本尊を目の位置に合わせて
壁に掛けて「観行」に入るところから始まります。「月輪観」
から先に入るのが通例で、礼拝、真言を唱える等の一連の動作を
行います。この「行」により精神の集中力と強力な想像力を養い
虚空の中に「阿字」や「月輪」を形成させ、更に深い瞑想により、
精神の覚醒や「通力」を養うというものです。
西洋魔術では、幾何学図形を凝視した後の「残像」「色」特に
赤を凝視した後の緑の残像等、生理学的な現象から内的な
イメージを作り上げ、日常の意識状態でも「像」を作れる様に
一晩二晩、寝ずに行い、「半眠」の意識を日常に作ります。
ユダヤ教の神秘主義思想【カバラ】へとつながる「メルカーバ観想
」は上記の観想法とは異なり、霊的存在がヴィジョンとして現れる
のを数日間の断食、唱行、等により引き出す受動的な「行法」です
7つの門、宮殿を抜けて、後の天界のヴィジョンを得ることにより
物質的なものを脱ぎ捨てる行法でもあります。この行法は他に
メソポタミア、エジプト等の文明にも共通した手法があります。

5、気をコントロールする瞑想法
インド、中国、チベットを中心に世界中に「気」をコントロール
する高度な修行体系が存在します。いわゆる「気功法」です。
呼吸法を軸に、動作、目の動き等を使用し「気」の発生、流れ
のコントロール、特定の部位への集中、「気」の収集と放出等を
支配します。その効能として、身体の健康、免疫力の強化、
精神面の制御等、生活、仕事への幅広い活用を目指します。
頭部に流れ込む「気」のコントロールにより意識の覚醒レベルを
制御し、強力な「瞑想」「禅定」を可能にします。養った「気」
の質を更に変化させる事により「神通力」を発生させる事を目標
とします。インドの「クンダリニーヨーガ」や「ヴィンヤサヨーガ
」中国の道教(仙道)の「内丹法」、チベットの「ゾクチェン
(テクチュー=解放)(トゥゲル=超越)」
後期密教の「秘密集会 究竟次第」「カーラチャクラ 究竟次第」
「究竟次第」は、後期密教の奥義とされる「気功法」です。
日本古来の古神道には「息吹、振魂=ふるたま、天の鳥船」
等、様々な信仰宗派の「呼吸法」を含めた「氣」の瞑想行法が
存在します。

ここまで、ざっと性質別に大分しました。マントラ、ヤントラ系瞑想も

別記するのに与えしますが、イメージする瞑想法に入る要素が多いと

判断しました。もちろん、あらゆる瞑想法、行法はどれか一つに収まる

訳は無く、大半が上記の性質に2.3重複した性質を持っています。

例えばイスラム教の「ズィクル(唱念)」は「ドゥアー(祈願)」と

共に声に出さず唱念をしますが、集中とイメージ両方の性質を

合わせ持つ複雑な行法で、能動、受動両方の局面が出てきます。

また、仏教、密教は共に多彩で体系化された瞑想法を数多く含んでお

り、ヨーガと並び、その奥深い世界観を感じさせてくれます。

ここまで読んで頂いた皆さんにはお解りのとおり、本来「瞑想」とは

信仰と共にあり、その「道」を行じる人々の「神に通じる」為の技の

集大成で、本当に知りたいのであれば、又はその姿を本当に見たいので

あれば、本来その「道」に修身し信心を重ねる為に「行」ずるべきもの

なのです。多くの日本人は家の宗派はあるものの、信心に関しては、

私を含め、あまり馴染みがありません。でもそれぞれの胸の内に

「神様」はいるのです。その様な生活風土で勘違いしやすいのは、

上記の1番2番の「止観行」やハタ・ヨーガ等が、あまりやる事が

「ややこしくなさそう」という事で、やってみる方が多いのですが、

実は真逆で、上記の「行法」に関して「本当に真面目に、絶え間なく

続ける精神力を持たなければ、数年掛けても効能を得るのは難しい」

と言って置きます。なぜなら本来、健康で若く、血気盛んで

雑念まみれの修行僧等が信心の邪魔になる「雑念、想念」を無くす為、

又は抑え込む為に行う「行法」でもあったりするのです。そう簡単に

特定の意識レベルや非日常的な精神レベルに変われる訳ありません!

3番、4番の場合は、それこそ入信しないと「本当の行法」など、

教えてもらえる筈がないものが、多いと思います。5番の「氣」を

コントロールする瞑想法の場合、外から見ると「ややこしく」見えるか

も知れませんが、「気脈」「チャクラ」等の一定の条件をクリア

すれば「氣」は稼働し始めますし、ある程度までは、精神状態に

関係無く進行させる事が可能です。そして何より「氣」から得れる

「効能」は数知れません。

これも始めて言いますが、一般の行者が中々出来ない瞑想時の

「意識レベルを下げるコントロール」にしても、我々は「氣」を

頭部に通し込むと「自動的」に下がる様に生理的になっているので、

比較的に簡単にこなす事が出来るのです。

ここ数年で日本においても「瞑想」というものが「優れた精神の

コントロール法」として、注目を集めてきだしました。また、

「瞑想」による様々な「効能」にも注目が集まっています。

次回は、5番の立場から、その「効能」をテーマに掘り下げて

行きたいと思います。

今週末は、8月の東京「氣塾」です。興味のある方はお気軽に

一度、東京「氣塾」に見学に来てください、お待ちしております。

「氣塾公式サイト」 https://kijuku.org/

今回も長かったですか?すいませんね、ありがとうございます。

「氣塾」主宰 木村 丈彦

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました