「死生観/今回の人生、このままで良いのか?」(中国から日本)7

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

同じ「死生観」でも「中国」になりますと「現世」での

有り様は「変化」を見せます。古くより多くの「穀物生産量」

を誇り、多大なる「人口」により「大中華思想」を築いた

「中国」において「現世」とは「インド」の「苦」とは

異なり「楽しい」と考える「世界観」が見えてきます。

もちろん「仏教」による影響は大きいものが有りましたが、

「あの世」を積極的に語らない「儒教」の原典「論語」には

「この世」を「生きる」事への「積極性」に溢れた「教え」

や「楽しい」という表現も多々、見当たります。

「儒教」での「死」とは、死ぬと「魂魄=こんぱく」となり

「魂」は「天」に帰って「神」となり「魄」は地に戻って

「位牌」として祀られる。そして「天」の「魂」は「人間」

として「この世」に生まれ変わる。というものです。

また、中国での「道教」の考える「不老長生」も「この世」

での「現世」が「楽しく、良いもの」という価値観を

前提にしているものです。良いものだからこそ、その「生」

を大切にする為の「中医漢方」や「鍼灸整骨」の技術の

研究があったのでしょう。

我が国「日本」においての元々の「死生観」としては、

「日本書紀」にある「根の国」。「古事記」には「黄泉国」

という「天」ではなく「地下」の死後の世界観があります。

やはり「日本」においても「現世」は「楽しい」もので、

「イザナギ」「イザナミ」の「黄泉の国」での醜い姿からも

「死後の世界」とは「不浄」の中にあり「恐れ、嫌われる」

傾向にあり、これは、後々のあらゆる「祭典儀礼」にも

「清める」要素が多々見受けられる事からも分かります。

また、「神道」には「氏神」という、死んでからも自分の

「家族」や「一族」を「守る」という思想がありますが、

その後に入ってきた「仏教」の「死生観」の影響や、

「儒教」の持つ「ご先祖様」を敬う「心」は「葬送儀礼」

「祭典主義」として残されています。「遺族」を「この世」

において「守って」もらおう、という考え方は「日本」に

おいても、「価値観」として馴染み易いもので、あったの

でしょう。「神道」「仏教」「儒教」の混ざった「死後観」

の影響を受けた「日本」では、「仏教」の「六道」や

「地獄」「極楽浄土」の「死後観」は「文化」としての

「根付き」は弱かったようです。

では、次回は「西洋の死生観」です。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました