氣塾への質問「6番を開きたい!」「霊能力が欲しい!!」(6番の条件)3

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「6番チャクラ」を含めて「チャクラ」を「稼働」させる

為には、幾つかの「条件」を「クリアー」しなければ、

いけません。先ず「チャクラ」は「気脈」の中を「流れる」

「氣」を「動力源」に「回り」、「回る」事によって、

「氣」を「発生」させると共に、「能力」を「発揮」する

ことが可能なのですから、《1.「気脈」の「詰まり」を

取らなければ、いけない。》そして「チャクラ」も長年使って

いない訳ですから《2.「チャクラ」の「錆びつき」を取り

「回る」ようにしなければ、いけない。》更には「回し方」を

知らなければ「どうにも、ならない」のも当然ですから、

《「各チャクラ」を「回す」為の「呼吸法」を「マスター」

しなければ、ならない。》と、言うことになります。

「6番チャクラ」にもなりますと、「専用」の「呼吸法」を

含めて、「氣」を「コントロール」する為の「調息法」も

加わり、「6つの、呼吸法」を最低限「マスター」する必要が

ありますので、「素人さん」には難しい事だと思われます。

更に、重要な「事実」として、「チャクラ」は「上位」に

なれば、なるほど「大きな、気力」により「作動」します。

その「大きな、気力」を「供給」するのは《その「チャクラ」

より「下位」の「チャクラ」からの「氣」の「供給」により、

「まかなわれる」のです。》つまり、「6番チャクラ」を

「稼働」させたいのならば、それより「下位」である、

「5番、4番、3番、2番」の「チャクラ」が、既に「開発」

されていて、「あなた」の「制御下」になければ、まともに

「作動」してくれない!ということになっているのです。

「家系」も含め、稀に「生まれつき」や、「突発的」な「事故」

により、これらの「条件」が「外れる」場合が有りますが、

何の「下準備」も無く、何の「制御法」も知らずに、

この様な「状況」に陥ると「生活全般」において「混乱」を

きたすのは「想像」するに易い事だと思われますよね?。

「6番」より「下位」の「チャクラ」には、その「人」の

「パーソナル」な「精神面」を「整える」為の「能力」が、

「内包」されているのです。「6番」には「非日常的」な

あらゆる「能力」が「内包」されているのですから、

それだけの「下準備」が出来ていないと「扱いきれない」

のです。分かりますよね?よって、「6番の蓋」を「開ける」

だけでは、「氣」も「流れ」ないし、「回ら」ないし、

「どうにもならない」訳で、「動かしたい!」という「思い」

からの「氣」の「圧力」が「上がる」だけで、「健康的」にも

「精神的」にも、安易に「良い方向」には「進まない」訳です。

これに「加えて」、「霊能力」となれば「尚更」必要な「素養」

は「増えて」いくことになります。よろしいですか?

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました