「天職」とは、どういったものなのか?(社運をかける)8

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

一つの「会社」に数十年と「経営」を続ける「経営者」で

あれば、一度や二度は「社運を賭けた」仕事に「取り組ま」

ないといけない「経験」は有ると思います。それは、

「次」の「十年」、会社の「売り上げ」を支えてくれる為の

「屋台骨」を造る為には、言わば「必須」の「取り組み」と

なります。しかし、これには「非常」に「微妙」な「タイミング」

が「必要」であり、「同じ手」でも「タイミング」を逃すと、

「明確」な「現象」は現れず、「中途半端」なものしか生まない

ことの方が「多い」のです。例えば「明確」に「売り上げ」が

「昨年対比」で「二ヶ月連続」で割ってしまって、焦って

そこから「起死回生」の「手」を打とうとすると、なかなか

「決まらない」ものです。その時の「司令塔」「管理者」とは

「プレッシャー」の「塊」になっており、その「焦燥感」は、

「ダイレクト」に「営業」や「製造部隊」に「偏り」ます。

すると、「現象」は「最初」は、ある程度の「大きさ」を

持っていたとしても「右肩つぼみ」に下がっていきます。

やはり「会社」とは「人の能力」の「集合体」なのですから、

「プレッシャーバランス」に「偏り」が有ると持ちません。

「タイミング的」に「遅過ぎる」のです。この様な「現象」の

「節目」とは、例えば「季節の変わり目」に来るものなのです。

ですから、「季節の変わり目」の「数ヶ月前」の「ゆとり」の

有る時期から、「プロジェクト」を立ち上げ、「リサーチ」を

重ねて、「経営資源」を徐々に「集中」させていく必要が

あるのです。つまり「低い」「プレッシャー」から始めて、

「小さな現象」を作らせ、「小さな現象」を育てていき、

「ある時」に「経営資本」を「集中」させて「大きな現象」

を造る「賭けに出る」のです。これは「引き目」で見ると、

「会社」の「新陳代謝」において、《「賭け」の「要素」は

多分に有りますが、「成長」においては「正道」なのです。》

「仕事」において「勘」は「必要ない」、なんて「理屈」は

非常に「稚拙」な「意見」であって、「経営」をした事の

無い「素人」の「意見」です。「数字偏重主義」で「数字」

が「悪く」なってから「動いて」いる様では「既に、遅く」、

全てが「現象」が起こってからの「受け身体質」になって

しまうのです。その様な者は「経営者」の「素質」が

ありません。よって「経営者」になれる「素質」や、

それを「天職」とする者は、「定期的」な「賭け」に

「強く」ないと「務まりません」。

「一部上場企業」の「雇われ社長」でもこれらの「賭け」

に失敗していると「更迭」されるのは「常識」です。

それが「経営者」の「仕事」というものです。

沢山の「社員達」の「運命」を「背負って」いるのです。

「あなた」にそれだけの「根性」と「勘」は「有りますか?」

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました