最後は「時間」との戦い=「自分」との戦い(虫の持つ時間)8

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

今回の「テーマ」、

《最後は「時間」との戦い、「時間」との戦いは「自分」
との戦い。》

これは「修行者」にとっての「永遠のテーマ」です。

「ヨーガ」や「内丹法」が挙げる「不老長生」とは「表向き」

の「目的」に過ぎません。ならば、その「真髄」とは、

「何処にあるのか?」となりますと、実は一言で言えば、

《「知覚感覚」の「時間」の「超越性」にあります。》

これは、「どのようなものなのでしょう?」

《人の「感覚」というものは、かなりの「限界」が
あります。》

例えば「虫」、特に「ハエ」や「蚊」は、その身体の

サイズに比較して、物凄いスピードで「飛び」、且つ

自在な「方向転換」を可能にしていますが、仮に「人間」

が、それに応じた「筋力」と「羽根」を「獲得」したと

しても、これに応じた「情報の処理能力」を持ち合わせて

いません。つまり、凄いスピードで「飛び」ながらも、

「虫」は周囲の「状況」を、猛スピードで「知覚」して、

「認識」して「処理」をしているのです。「人間」なら、

1日も経たずに「壁」に激突して「即死」になるでしょう。

それだけ「虫」の「知覚感覚」は凄まじく、「1秒」の

「数十分の一」の「世界」を「認識可能」なのです。

これは「普通の人間」には、到底至ることが出来ない世界

です。「虫の一生」とは、僅か「数週間」で「はかない」

ものですが、それは「人の寿命」の「感覚」からの「目線」

にしか過ぎず、その「数週間」の中に「思わない」にしても

「莫大な情報」を「内包」しているのは確かで、実は、

《決して「はかない」訳でも無いかもしれないのです。》

これを「解く」大きな「鍵」としては、最新の「研究」に

おいて、「虫」には「痛み」を感じる「中枢神経」に「痛覚」

を持たないのです。つまり《「虫」は「痛み」を感じません。》

「人」は「痛み」を感じ「学習」することによって、それを

「回避」する、「行動変化」の「要因」としますが、「寿命」

が「短かい」虫は、「痛み」に「学習」している「暇」は無く、

「学習」しないから、「唯一の目的」に向けて「迷わず」

進めるのです。よって「痛み」とは、「寿命」の長い

「高等生物」が、その「一生」を全う出来る為に「必然」の

「機能」ではあるのですが、《もし、人が「痛覚」を克服

出来たとしたら?》《「痛覚」を持たなかったら?》

《「人」の「一生」の「質」自体が「激変」する事は
間違いありません!》

これは、「生存本能」以外の単純な「恐怖感」の「克服」

を「意味」しています。仮に「末期ガン」の人達が、

「死ぬ間際」まで「痛み」が無かったら?また「人」が

「疲れ」に伴う「痛み」を感じなかったら?明らかに

「寿命」は「縮まる」のでしょうが、もし「選択可能」な

場合、その残された「時間」の「使用価値」は「決定的」に

「変わる」ことは「間違いない」と思います。

皆さんも「考えて」みてください!!

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました