今、言及出来る「悟り」の正体(経営者がたどる別ルート)3

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「悟る」ことの「意味」は、《その「正体」を、

○○であることを「知る」》と言うことです。

《その「きっかけ」とは「あの世」のカタチを
「感覚的」に「知る」ことにより、始まります。》

その起点となる「問い」とは《「この世」の正体を

「知りたい!」》という思いに、端を発します。

何故なら《「この世」は「あの世」の「一部」》

なのですから、「あの世」の「あれこれ」は

「この世」のカタチに「反映」されているからです。

「物理次元的」に「上の次元」から「下の次元」は

「安易」に「見渡せ」また「理解」出来る様に

なっています。それは「立体世界」に居る我々が、

「下の次元」である「面の世界」「線の世界」に

簡単に「アクセス」が出来て、「理解」出来るのと

同じ事です。ですから「感覚的」に「上の次元」で

ある「あの世」を「理解」する事が出来れば、二次的

に「この世」の「システム」も「理解」出来るように

なるのです。

「この世」の「システム」を「理解」し、更にその中

にある「人間の魂の性質」や「自然の性質」の正しい

カタチが「理解」出来れば、《あらゆる「現象」を

「引き出す」為の、「最善、最短」の「方法」。》

が「導き出され」ますから、その人は、当然「今世」に

おいて、自分が「生きた痕跡」を「残す」為に「行動」

を「開始」する事になるでしょう。

《でも、これを「逆ルート」で「登ろう」とする人達は
けっこう居るのです。》

例えば「京セラ」創設者の「稲盛和夫氏」や「日本的経営

の祖」、「パナソニック」創業者の「故 松下幸之助氏」

らがそうです。一代で大企業を「創設」し、多くの他の

人達の「人生」に「貢献」する為の「道」。つまり

「ビジネス」の「奥義」とは、「この世」の「システム」

を知る事であり、「人間」を知る事、ですから

《「この世学」であり「人間学」を「極める」事と

「同義」です。》それらは強固な「哲学」を生むでしょう。

それらを「手に入れ」、それらの「道すがら」に経験

したであろう「常識」を超えた、仕事上の「必然的な

出会い」や、「精神的指導者」との「出会い」が、

《「あの世」への強い「興味」に繋がらない方が、
「不自然」とも言えます。》

現に、日本を代表する「実業家」の中には、敬虔な

「仏教徒」が沢山居る、と言われます。つまり、

《登るべき「山」つまり「道」とは「一つ」であり、
これもまた、一つの登る「ルート」である。》

全ては「行動」と「経験」により「知ること」に

至ります。

「あなた」はこれらの「事実」を知っても尚、

《「悟った」としても「現実」は「変わらない」、
だから「楽にならない」。よって「現実」の「問題」
の「原因」を解消するしかない。》

という「寝ぼけた認識」を持てるのですか?

それは、未だに「やろうとしない」「やれない」

弱者、つまり「凡夫の認識」と知るべきでしょう。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました