「業界」で「のし上がる」為に必要なこと(スペシャリストの時代)2

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「人生」と言うものは「限られて」います。今の

「あなた」が「30代」だとしても、「あっと!」

言う間に「年」は過ぎ去っていきます。ですから、

《人は「幾つもの」分野を「極めれる」訳では
ありません。おのずと限られているのです。》

「人」は「仕事」において、先ずは「三つ」のタイプ

に分かれます。「1.全てを要領良くこなせるタイプ」

「2.特技がどれかに絞られる、普通のタイプ」、

「3.何かを身に付けこなすのに、時間がかかるタイプ」

「あなた」は、どれに当たるのでしょう?。これ、誰もが

「1」の「万能タイプ」が「有利」で「羨ましく」思う

かも知れませんが、決してそういう訳ではないのです。

何故なら、「人」は「仕事」においては、やがて「二つ」

の「タイプ」に分かれていきます。それは「何か一つに

長けた、専門を持つスペシャリスト」か「総合的に、

浅く広く理解して動かす、ゼネラルマネージャー」の

「タイプ」です。これ「会社」にとっては「ゼネラル

マネージャー」は、一つの「部所」には「一人」で

充分で、最早、そんなに「大勢」は必要ありません。

しかし、それぞれの「部所」は沢山の「スペシャリスト」

は「必要」としているのです。

ならば、《どうやって「スペシャリスト」になるか?》

が「問題」になりますが、そこで最初の「三つのタイプ」

の持つ「特性」が「鍵」となります。今一度、人の特性

「1.全てを要領良くこなせるタイプ」

「2.特技がどれかに絞られる、普通のタイプ」、

「3.何かを身に付けこなすのに、時間がかかるタイプ」

これらの「人々」が居て、その「割合」が「2対6対2」

であったとしても、最終的に、

《何かを「何十年」と「やり続けることが出来る」
人とは、ごく「一握り」になるのです。》

「専門分野」を「極めて」いくには、「経験」と「知恵」

が「必須」ですが、その「経験」は「数十年」の「年季」

が無いと「積めません」。つまり「1」のタイプは、

「器用」ですが「気移り」しがちですから、自己の

「器用さ」故に、一つに「賭ける」ことが出来ず、

一つの「仕事」を長らく続けることが出来ません。

あれこれ「理由」を付けては「仕事」を転々として、

「積み上げる」ことが出来ないのです。ですから

意外と「スペシャリスト」には、成り辛いのです。

その分で「2.3」の「タイプ」の方が「部がある」

のです。これからの「時代」は「スペシャリスト」の

「時代」です。それも「生産性」「革新性」を持つ

「スペシャリスト」の「時代」です。それでない

「その他の人達」は「どうか?」、はっきり言えば

これからの「会社」には、その様な「人達」は、

「いりません」し「雇って」いる「ゆとり」も既に

ありません。何故なら、もう「時代」が変わったから

です。「戦後世代」の作った「会社システム」は、

既に「変革期」を迎えているからなのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました