「聴勁」「トンレン」「祝由」の「術」としての正体(全身を耳にして聴く)1

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

よく、映画で「I’m all ears」と言う「表現」を聞く

ことがあります。《全身を耳にして聴く》という

「意味」を持っています。これは「関心」の有る

「相手」や「物事」に対して、「一語一句」を

漏らさず「一生懸命」に聴いているよ!と言う

ことを、相手に伝えるときに言う英語の言葉ですが、

非常に良い「表現」だと思います。まあ、これは

我々の「太極武術」で言うところの「聴勁=ティン

ジン=ちょうけい」と言うところでしょうか。

「聴勁」というものは「中国武術」、特に「太極武術」

において、使われる「戦闘技術」とも言えます。「相手」

「敵」と「対峙」した時に、相手からの「攻撃」の

「虚実」、つまり「虚」とは「フェイント」、「実」は

「実際の攻撃」の「有り無し」から、その「間合い」を

含めて「察知」する為の「技術」となります。

これは「太極武術」の「中心技術」で、これを「磨く」

為に、二人一組になり「掌」を合わせる「塔手勢」を

とり「推手」を行ないます。ですから「推手」とは、

《相手の「勁」を、全身を耳にして「聴く」技術と

言えます。》

これにより「相手を感じる」ことから始めるのですが、

当然、自分が「力んで」いたり「興奮」していると、

「聴勁」は聴こえません。何故なら

《自分の方が「うるさい」からです。》何となく分かり

ますよね?、ですから「自分の中の精神」を含めた

「全感覚」が「静かになれば、なるほど」あれこれと

「聴こえて」くる様になる訳です。つまりは、我々の

行なう、相手を「知り、感じる」技術である「トンレン」

または、「内丹法」で言うところの「祝由=しゅくゆ」

と、全く同じことなのです。でも、これは決して「特殊」

な「技術」ではなく、「分かろうとすれば、分かり」

「分からないとすれば、分からない」

ことだと、言えるのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました