「あの世」「この世」にまたがる「身体観」の真実.(気脈=ナーディ)1

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

人には「肉体」としての《粗大身》があり、その

《粗大身》と「魂」である《原因身》をエネルギー

的に「生かし」「支える」為の「氣」を「発生」

させる「チャクラ」、そして「氣」が流れる「気脈」

そして「生命エネルギー」そのものの「氣」、

それらを全てを含めた《微細身》があります。

【《微細身》とは《魂》が「この世」で「生きる」
為の、例えれば、人が海中で生きる為の《潜水道具》
みたいなものなのです。】

これが何故か「分かりますか?」。

《つまり《魂》とは、「この世」においては《微細身》
により「エネルギー」を「供給」されている訳で、
「この世」においては《微細身》無しでは「永続性」
は「担保」出来ない「可能性」を持つのです。》

これが、今回の「テーマ」となります。では「考察」を

進めていきましょう。

まず、全ての「大元」は「思い」の「発露」である

「魂」です。「怒り」や「悲しみ」「楽しみ」「笑い」

「苦しみ」全ての「思い」は、皆さんの「鳩尾」の

「少し上」に座している「魂」から「湧き出ている」

筈です。「ワクワク」する「思い」の正体にしても

財布を落として「ヤバイ!」という「思い」にしても

全て、その「位置」から「湧いて」いる筈で、決して

「心臓」では無い筈です。《その「思い」とは「氣」

の持つ「波」となって、身体各所に伝わります。》

それが「氣」の流れる「脈」である「気脈」です。

先ず、身体の「前正中線」に沿う「動脈的」な流れを

「内丹」においては「任脈」と呼びます。この上に

「2番」から「6番」迄の「チャクラ」が並んでおり、

身体の後ろ側、「背中正中線」の「気脈」は「督脈」

と呼びます。これらの「気脈」は「ヨーガ」では

「三本」と表現されており、

《正中線を通る「スシュムナー菅」》

更に二本の「螺旋菅」

《左から上がる「イダー菅=チャンドラ(月)気道」》

《右から上がる「ピンガラ菅=スーリア(太陽)気道」》

となります。尚、「任脈」「督脈」の「上下の接点」

つまり、上の「百会」には「7番チャクラ」があり、

下の「会陰」には「1番チャクラ」があります。

そして、この身体前後の「正中線」を「下から上に」

「螺旋状」に巻き上がる「気脈」が内丹での「帯脈」

「ヨーガ」での「左右螺旋菅」が「イダー、ピンガラ」

又はチベットでの「キャンマ、ロマ」となります。

この「左右」から「巻き上がる」前での「交差点上」に

「チャクラ」が有る訳です。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました