あらゆる「行」と「思い」の関係性(積んでの変化)2

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《あらゆる「道」は「行」を求め、「行」とは
「満行」もするのにあたり、其れ相応の
積み重なった「思い」をも「要求」もします。》

それは、「行」の「本質」として「本気」という

ものがあります。昔であれば、人は何をするに

しても「生死」の問題が付きまとっていました。

大袈裟に言えば、誰か「友人」に会いに行くにしても

「命がけ」なのです。遠い道中を何日もかけて歩き、

今ほど「治安」も良かった訳ではありませんから、

「何があるか」は分からないのです。でも、

それだけの「思い」の上で、友人に会いに行くの

ですから、道中を含めて「積もる話し」や「思い」

も「かなりのもの」の筈ですし、なにより「本気」

は疑いようがありませんし、「友情」も深まる

でしょう。それに比べれば「良いこと」では

ありますが、現代は「平和」で「便利」で特段の

ことではなくても、会いに行くことも、話すことも

「日常」であり「平気」なことです。そういう意味

において《「現代人」は「本気」になれる「チャンス」

が非常に少なく、かつ「本気」になることが「苦手」

で、「続ける」ことも「苦手」だとも言えます

だから「精神的」にも「弱く」、「ストレス」にも

「弱い」のです。

《「行」の「本質」は「経験」の「積み重ね」による
「変化」にあります。》

「根本的」に「人」は「変化」を「恐れる」ものですが

「行」が、その「本質」として、積み重ねた「経験」と

「思い」を「要求」するということは、何も「荒行」や

「苦行」の様に「特定の期間」に「極限」の「経験」が

無ければ「いけない」訳ではない、ということを

表わしているのです。

「それは、どういうことなのでしょう?」

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました