「頭」に「氣」が上がりやすい人達への「対処法」(ポテンシャルを引き出す呼吸)4

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「最後」に《何故、通常は「氣」を降ろさなければ

ならないのか?》について、お話しましょう。

よく「氣が上がる」と言います。「頭に血が昇る」も

「近い」状態ではありますが、「血が昇る」状態とは

感情的にも「逆上」してますから、「氣が上がる」

場合には、それよりは「マシ」な「必死の状態」です。

よく、「人前」で「何か」大切なことをしなければ

いけないとき、極限の「緊張状態」に入ると「頭」に

「氣が登り」ます。これ、程良ければ適度の「集中力」

を生むのですが、皆さんもご経験のとおり、

《「氣」が「上がり」過ぎると、「頭部」で「氣」が
「圧力」で「いっぱい」になり、「固まって」しまい
「機能停止」してしまい、「目の前が真っ白になって
しまうのです」。》

これは、「急」な「打撲傷」や「骨折」の際、「患部」

に「氣」が「集中」して、「筋肉」を「固める」ことに

より「患部」を「保護」をしようとしますが、それと

同じ様な「現象」が「頭部」で起きている訳です。

「武術」の場では、これを「防御」に使用し、相手の

「打撃」が、自分に当たる際に「局部」に「氣」を

「集中」させ、相手の「力」を「押し返し」ます。

いわゆる「硬氣功」「硬功夫=インゴンフー」とも

言います。「これで、何となく分かるでしょう?」

つまり、「ポテンシャル」を「100%発揮」したい

「ここ一番」の場合、「頭部」は「適度で良い」

訳で、「氣」が「腹、腰」に「溜まって」いて

「腹が座る」「腰が決まる」方が「ベスト」になり

ます。見ていれば「分かりますよ!」。

「お相撲さんが土俵に上がるときも」「体操選手が

競技に入るときも」「バレエダンサーが演技に移る

ときも」、《必ず「ふう〜っと」一息「吐いて」から、

ことに移っている筈です。そうです!それが「退陰符」

=タイインフ」なのです!!。》

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました