身体の「氣」が「上げ下げ」を繰り返す「双極性障害」(双子躁鬱は確率高い)2

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「双極性障害」、すなわち「躁状態」と「鬱状態」を

交互に「繰り返す」、いわゆる「躁鬱病」に関しての

「現代西洋医学」での「見解」とは、以下の通りです。

「鬱病」のみの「発生率」は「3~5%」なのに対して、

「双極性障害」の「発生率」は「約0.6~0.9%」と低く、

「発症年齢的」には、「双極性」は「20歳代」を中心

なのに対して、「鬱病」は非常に「幅広く」存在して

いるのですが、「鬱病」が「長期化」すると、その

「2~3割」は「双極性障害」に「移行」してしまう

ので、非常に「注意」しなければ、いけないのです。

「双極性障害」の「原因」については、未だ「未解明」

です。ただし「統計的」に「判明」している「事実」

もいくつかあります。「鬱病」と同様に「病気に

なり易い体質」つまり「疾患脆弱性」を持つ人ほど、

「心理的負荷」も掛かり、「精神バランス」は崩れ易い

のは当然ですが、中には「遺伝的要因」も見当たる節も

あり、「双生児」の場合、片方が「躁鬱病」になると、

もう片方も「8割以上」が「躁鬱病」になるとの結果も

出ています。しかし、未だ「謎が多い」ために、その

「治療法」とは「古典的」なままで、「薬物療法」に

おいては「気分安定剤」である「炭酸リチウム、

バルプロ酸、カルバマゼピン」を中心に「投薬」をし、

「躁状態」が「強い」場合には、鎮静効果のある

「抗精神病薬」を「鬱状態」の強い場合には「抗鬱薬」

を「付加的」に使用します。

まあ、「精神」と「氣」と「身体」とは「複雑玄妙」に

「つながって」いる訳ですから、「精神科」「内科」

「外科」という様に「縦割り」で「横のつながりの無い」

「西洋医学」には、ここが「限界」なのだと思います。

「考えさせない、薬」による「薬物療法」と「カウンセ

リング」による「心理療法」と「社会的サポート」と

いう訳なのです。ならば「東洋医学的」な「アプローチ」

とは、どおいうものなのでしょうか?

やはり「精神力」の「強化」という、一言に尽きます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました