「一芸」であるべきか、それとも「多芸」なのか?(一芸あっての多芸あり)6

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「一芸を極めた」人が「多芸」に転じる「きっかけ」

とは、まさに「出会い」の「縁」により「決まる」

ことになります。「一芸を極める」為には「人生」

の「大半」の「年月」を「投入」することに

なります。よって「多芸」に転じるにしても、

「必然的」に「晩年」に近くなってしまいます。

でも、ありがたい事に「求道者」には「多彩」な

「出会い」がもたらされます。その中には「道」

は違っていても、同じく「求道者同士」の

「出会い」もある訳なのです。それは、非常に

強烈な「知的好奇心」と「刺激」をもたらします。

《「一芸」に甘んじるか、「多芸」に転じるか。》

これは「極めた者」にとっての「テーマ」になる

のでしょうが、「極める」ことにより、そこから

「広い世界」が見える様になり、しっかりと他の

物事にも「心を入れて」取り掛かることが出来る

のでしょう。ただ、一つ言える事として、誰かが

言っておられましたが、

《「一流」は「一流同士」で他の分野の「一流」
とも「話し」が通じるが、「一流」と「三流」
では、同じ分野でも「話し」は通じない。》

これも、一つの「至言」といえます。

私は、未だ「晩年」ではありませんし「極め切った」

とも思ってはいませんが、「一芸を極めた」後に

訪れる「出会い」や「縁」とは、「一芸を納めた」

故に訪れる「証=あかし」であり「ご褒美」なのだ

と言って良いと思います。今の私にしても「全て」

ありがたい「ご縁」により、成り立っている訳ですし

その「ご縁」を得たいのであれば、皆さん方も「縁」

に対して「小細工」などせずに、目の前にある「一芸」

を「一心不乱」に突き詰めることを「お勧め」いたし

ます。今回の「テーマ」に対する、最終的な「答え」と

しては、やはり、

《「一芸」あっての「多芸」あり。》ということです。

「いかがでしょうか?」

これが《「一芸」か「多芸」か》に関する「法則」

であり「正体」なのです。

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました