人の死の間際「死への悟り」の存在について(お迎え現象の持つ可能性)2

このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「お迎え現象」という言葉は、私も以前から知って

いました。というのも「氣塾」の「生徒さん」に

「末期がん患者」の「緩和ケア」の現場で働く

「看護師」の方がおられるからです。

《「お迎え現象」というのは、その「患者さん」が
亡くなる直前に、「ご先祖様」「既に亡くなった家族」
等が枕元に現れ、事前に自らの「死」を認識し、
「安心して旅立つ」という「現象」なのです。》

その聞いた時には、「へーー」その様な事も有るの

ですね?という程度の「認識」でしたが、どうも、

この「現象」が「稀ではなく」かなり「頻繁」に

起こり得ると知ったのは、「順天堂大学医学部」の

「奥野 滋子教授」の「執筆」を読んだのが切っ掛け

です。「緩和ケア」が専門の「教授」はこれまで

最前線で「2500人」に及ぶ「看取り」を経験して

きた中で、数々の「お迎え現象」に実際に遭遇し、

「患者さん」からの「先生、死んだらどうなるの?」

と言う問いかけも切っ掛けとなり、その事実から

「不可思議」ながらも「宗教学」「死生学」を

学ぶ必要性を感じた、と仰っています。「教授」の

「執筆」には、数々の「お迎え現象」の「具体例」が

書いてありますが、「お迎えが来た」と「証言」

された「患者さん」は、皆「死の直前よりもっと手前」

の、まだ「意識」や「認識力」がはっきりとある時点で、

「お迎えが来た」と明確に「証言」しているのです。

決して「朦朧=もうろう」とした意識での「うわ言」

ではないのです。

その「看護師」の「生徒さん」もこう仰っていました。

《「お迎え現象」での、死の手前にある「患者さん」
の「安心」と「確信」に満ちた「表情」を伺うと、
「あの世」と「魂」の「存在」に対して、本格的に
「認識」しなくてはいけない。そんな心境になります》

これは、一つの「可能性」をも示唆しています。

それは、誰にでも起こり得ることです。

《死の直前に現れる、「あの世」の存在に対する

「悟り」の存在》の可能性です。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました