「悟り」のリアルな「分析」と「具体策」6

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「悟り」とは「一つ」ではありません。

それには「感覚面」もありますし「哲学面」もある

「あの世」での「自分」を思い出す事もあるし、

「前世」を知ることもある。「一つ」だけで「悟れた」

と言えるような「薄ペラい」ものでな無く、

もっと「多角的」で「多重的」、平面でなく「立体」

「知覚、知的」全ての「総合芸術」のようなものです。

ですから「太極門では、極まることも尽きることも

無い、「無極無限」と言われています。全ては

絶妙な「順序」と「バランス」が「肝心」です。

「順序」とは、例えばいきなり「6番」だけで、

「ビジョン」を見ると「大抵」の人は返って「困惑」

します。何故か?普通の人はそれを全て「お告げ」、

「意味の有る」ものと決めつけ勝ちなのですが、

中には「過去生のバグ」もある訳です。それを知らないと

無理やりにでも「意味」を持たせようとして、「バグ」

に「自分起点」の「解釈」をして、失敗してしまうのです。

なぜ、それが失敗していると分かるのか?

その人が、相変わらず同じ事で「悩んで」いるからです。

結局「現象面」として、何も変わってないからです。

本来、「意味の有る」ものなら、 その直前直後に必ず

「ん?」と引っ掛るような「変化」があります。

言わゆる「変化の種」ですね。そして「現象」はそこを

「起点」にして「変化」しますから「種」は後になって

「気が付く」場合が多いのです。

やはり「大切」なのは、一つの大事な「きっかけ」

もらって、それ自体が「非日常的」な物事なのですが、

いかに「平静に」「ポジティブ」に「精神を保つ」ことが、

出来るのか?言わば「器量」を試されている訳で、

それは、「各段階」「ステージ」でやって来るのですが、

そこで「平静」を保てず「右往左往」しているようでは、

「器量」が足りない、となり、その「ステージ」に

「止まって」それを「マスター」出来るまで「ポジティブ」

な「努力」を「強要」されます。

なぜ?と問われても、これは「システム」です。

もともと、それを「想定」して「仕込まれて」いたとしか

言いようが無いものです。これまでも色々な「修行者」を

見ましたが、「スルー」出来る人と「詰まる」人に

「分かれます」。やはり「ステージ」に応じて「他の人」

に与える「影響力」「説得力」すなわち「力」が「宿る」

のですから、それなりの「相応しい」者でないと、

「いけない」のです。言わば「実力テスト」みたいな

ものです。「他の人」への「人生」に「影響」する

「恐れ」があるわけですから、私なんかは本当に良く

出来ていると思うのですが、「しょうがない」としか

言いようがありませんが、

これは「実在」しています。

次回は「バランス」に続きます。

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました