「悟り」のリアルな「分析」と「具体策」9

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

結局は6番の「瞑想」、7番の「禅」に加えて、

「氣を循環」させる「修行法」としての「呼吸法」

これら3つの「バランス」が「重要」となります。

「氣の循環」がなぜ大切なのかは、その「作動原理」

を理解して頂ければ、「なるほど!」となります。

「禅」に限らず「7番」の「チャクラ」はあらゆる

「ひらめき」や「気付き」をもたらしてくれます、

「作曲家」や「作詞家」が他の人達の「魂」を震わす

「旋律」や「詩」が浮かんできた際に「降りてきた!」

と言いますが、まさしくそのような時に「7番」は

動いています。インドの「チャクラ」の概念に限らず、

仏教タントラ、道家内丹、西洋魔術においても、

「チャクラ」は下位から上位になる程に「力」は

「大きく」なり、かつ「霊性」を帯びていきます。

それらは「ひらめき」や「気付き」がどの様に考えても

普段の「自分」の「発想」とは「違う」ことにより

「確認」することが出来ますし、その「確認」によって

「上界」との「つながり」を知ることになります。

「6番」の「ビジョン」にしても、「7番」の「禅」に

よる「ひらめき」にしても、同じ「頭部」にある「上位」

の「チャクラ」が「稼働」しているわけで、かなりの

「量」の「氣」が自然と「頭部」に「集中」している

状態にあります。この「氣」の集中がコンスタントに、

「動力」として「チャクラ」に流入していれば、良いの

ですが、それには「各流派」の「妙法」があって、

「修行」の中で身に付く「技術」ですから、「自己流」

では、なかなか上手くいかないのです。

で、結局「チャクラ」に流入する「以外」の「氣」が

「圧力」となり「頭部」に残ることになります。

この「チャクラ」に流入する以外の「余剰」した「氣」

の「圧力」が「度を超える」と「頭痛」を起こすのです。

前にも書きましたが、人に「病変」が有ると「氣」は

「生命力」ですから「治す」ために「病変部」に「集中」

します。「集中」した「氣」は「神経」特に「痛点」を

刺激するため「痛み」をもたらします。

これと同じ「現象」が「病変」していないのに「頭部」で

行われるから「頭痛」になるのです。

この「効率の悪い」状態を極度に繰り返すのですから、

やがては「禅病」や「クンダリーニ症候群」に

なるのです。ですから、ある程度に「気力」の付いた

者は、この「余剰」した「圧力」を「頭部」から出して

「循環」の方に回して「圧力コントロール」をすることが

重要になるのです。

まあ、一般の人が「悩み事」を沢山抱えている時、

「頭が痛い!」と言うのも同じ原理なのですよ。

「分かりましたか?」この「圧力」を「丁寧」に管理する

必要があるから、ヨーガや仙術の「専門書」には、

正しく「修行」を積んだ「師」に教わりなさい!と

書いてあるのです。

更に理由があります!

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました