全てを悟る「トンレン」の秘密4

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「上座部仏教」における「慈悲の冥想」はパーリ語で

「Mettâ Bhâvanâ」。「サマタ瞑想」に入る際に「自己」

の「精神」を一定以上に「安定」させるために「四梵行」

すなわち「四無量心」を使用して瞑想に入ります。

「四無量心」とは

相手の幸福を願う「慈愛」、苦しみを除いてあげたいと

思う「抜苦」、相手の幸福を共に喜ぶ「随喜」、

相手に対する平穏で落ち着いた「浄捨」この「4つ」の

「無量心」を「4つ」の「対象」=「自己」「親しい者」

「生きとし生けるもの」「嫌いなもの」と「段階的」に

組み合わせて「念じる」瞑想法です。

例えば「抜苦」の場合、このように展開します。

「私の苦しみが、無くなりますように」
「親しい者の苦しみが、無くなりますように」
「生きとし生けるものの苦しみが、無くなりますように」
「嫌いな者の苦しみが、無くなりますように」

「四梵行」においても「仏教」で基本となる「慈悲」の

精神を中心に「対象」を「段階的」に変化させることに

よって「慈悲」の「心」を発生させて、「自己愛」への

「執着」を解き「他利心」に「寄せていく」手法は、

同じくです。

「仏教」において「瞑想法」は「止行」と「観行」に

分かれます。「止行」である「サマタ瞑想」においては

「慈悲の瞑想」をおこなう際に「呼吸法」である

「安般念=アーナパーナサティ」を並行して使用します。

これは、やはり「氣」を発生させて「自己内」を「循環」

させることにより(気脈の詰まりを取り「精神浄化」)を

もたらし、心を「静め」「安定」させることを「主眼」

としています。

「止行」が「禅行」と同じ「安定」をもたらすことを

「第一義」とし、古くから使用されたものに対して、

もう一つの「観行」は「あるがままの状態」を「観察」

することを「第一義」としており、こちらは「釈迦」

以後の「行法」となります。「慈悲の瞑想」は「観行」

である「ヴィパッサナー瞑想」での前段階においても

使用され、「慈心観」ともよばれています。

「上座部仏教」においては「止行」より始まり、「念」

から「定」に入り「観」から「悟り」に至る流れを

重んじています。「慈悲の瞑想」はこの流れを

作り上げる為の「基盤」であり「精神的基礎」に

なります。近年「釈迦」が「悟り」を開いた「瞑想法」

として「ヴィパッサナー瞑想」に焦点があつまり、

「あるがまま」を「観想」して「認める」という

一見その「親しみ」やすそうな「ニュアンス」から

現代的に「簡略化」された手法が紹介されていますが、

「精神」に「平穏」をもたらし、特異な「集中力」を

磨く、言わば「禅行」でもある止行「サマタ瞑想」を

「正確」にマスター出来ていないと「安易」で、

「一時的」な「癒し」になるに過ぎず「自己」に

根本的な変化をもたらすのには「不十分」であることは

「明白」だと思われます。

いずれにしても「仏教」における「慈悲の瞑想」は、

「止観行」に正しく入れる前段階においての「精神行」

であり「生きとし生けるもの」という「慈悲」の

根本理念を「土台」として培うことが「主眼」です。

その意味合いにおいて「チベット密教」の「トンレン」

とは少し違うニュアンスを持っていて、より「祈り」、

「祈願」的な側面を持っています。

いかがでしょうか?同じ「慈悲の瞑想」でも「仏教」

で使用される「止観行」での瞑想とチベット密教での

「トンレン行法」だけでも、同じ「ベクトル」でも、

その「本質」には「違う」ものがあります。

では、更に「マスターヨーガ」での「トンレン行法」

との違いを「検証」いたしましょう!

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました