「修行」の果てに、身につくもの5「ジャイナ」

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「ウパニシャッド哲学」は、やがて紀元前5世紀

頃における「新宗教」の発生の「土台」となって

いきます。様々な「宗派」が発生したようですが、

代表的なものに「ジャイナ教」「仏教」があります。

「仏教」と「ウパニシャッド」を巡っては、その

思想解釈に諸説ありますが、影響を大きく受けた事は

間違いありません。

「ジャイナ教」は純粋に「ウパニシャッド」を極めよう

とする「密林修行者」達の中から発生したものですが、

この時代、地方の「有力王族」が台頭して来た時代です。

ガンジス川流域に沿って「商業都市」も成長しつつ

ありました。「王族」は「カースト」においては

「クシャトリヤ」ですし、有力な「商人」は

「ヴァイシャ」です。当然、力を付けた彼らにとって

「バラモン」の「権威主義」は「受け入れ難い」ものと

なっていました。「バラモン教」の持つ「哲学」と

「修行法」は認められつつも、時代はそれに代わる

ものを「求めて」いたのです。

ですから「新宗教」は「クシャトリヤ」によって

作られることになります。「ジャイナ教」はある意味

「特殊」な「信仰」です。現在でもインドにおいて、

続けられています。開祖は「マハーヴィラ」。本名は

「ヴァルダマーナ」。彼は自由思想家たち(六師外道)

の一人です。「ジャイナ教」は「苦行」と徹底した

「不殺生」を説きます。

これは「輪廻」の原因である「業」は「身体」に

付いた「物質」であり、「苦行」により再び付かない

ようにしなければいけない、という「考え」からです。

「ジャイナ教」の「不殺生」は徹底しています。

「虫」を吸わないように、マスクを着用していますし、

基本、歩きませんが、歩く場合も「虫」を殺さぬように

「ゆっくり」と「ほうき」で地面を履きながら歩くと

言われるほどで「アヒンサー=不害」は徹底されています。

「哲学的」には「真理は多様に言い表せる」という視点

から「相対主義」と「断定の回避」という立場をとります。

「スヤード・ヴァーダ理論」は一方的な「断定」、例えば

「である」「でない」を避け「ある視点からすると」

という「限定」を設ける立場です。「ある視点」という

「相対的」な立場は、全てを「断定」しようとする、

他の信仰には無かったもので、その後の「インド思想」に

「重要」な「影響」を及ぼすことになります。

「ジャイナ教」は非常に「厳格」です。「アヒンサー」を

守る為には「死」をも厭わないのです。「苦行」の中心

は「断食」ですが、もっとも理想的な死を「断食を続行

して死に至る」とするくらいです。「マハーヴィーラ」

自身も断食の末に死んだとされ、その身体に対する

「不浄」の考えと、徹底した「実践主義」は「驚愕」に

与えします。

続けますね!

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました