秘めたる「力」を引き出すには1

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

新シリーズになります。

この「ブログ」においては、通常何かと「秘密主義」

で「語られる」ことの無い、本当の「修行法」の

「世界」と「具体的」な「変化」や「工程」を、

書ける範囲で「公開」していってます。当然、私の

「修行」も「口伝」のみであり、一切の「メモ」も

許されてはいなかったのですが、「氣」というものを

日本において「広めて」、日常的なものとして「認知」

して頂く為には「逆に」ある程度の「公開」は必要

だと思っております。これは、あらゆるものが、

「気軽」に「学べる」ようになった「現代」、

「中途半端」な「行法」や「その場しのぎ」の「行法」

が「名を変え」反乱している為、本当の「修行法」や

その「技術」が、本当は有るのに、いつの間にか

「伝説」みたいになってしまって、「失伝」される

のを「防ぐ」必要があると思うからです。

実際に、日本における「仏教」は「念教」の「信仰」

がほとんどとなってしまい、その「優れた」修行法

である「止観行」、その中でも「止行法」における

呼吸行法「安般念=あんぱんねん」を正確に、

行なえる人は「ごく一部」に限られているようです。

全ての「修行法」が「カジュアル」になって行く

「時流」は、現代において防ぎようが無いのですが、

「失伝」だけは「避けて」頂きたいと願うばかりです。

このようなことを、日々考えている中で「答え」として

度々「浮かんで」くるのは「本職」、すなわち

「プロであれ」ということです。「どうすれば「道」を

「極める」ことが出来ますか?」とかも聞かれる事は

多いのてすが、それも答えは「プロになる」ということ

です。これは「伝承」するにしても「極める」にしても

同じことで、自分だけへの目的で「鍛錬」するなら、

まあ、一日3~4時間て所で「頑張ったー!」となって、

終わってしまうと思います。ですが「授業料」を頂いて、

予約を入れて頂く、「人の為に」やるからこそ一日に

10時間とかでもやれるのです。自分の為に10時間

も「氣」を回すことは実際に「難しい」と思います。

そして何より「プロ」であるからこそ、その「施術」

や「授業」に「クオリティ」を求められる訳ですし、

「クオリティ」が高くない「技術」は「伝承」するに

「与えしない」、あれこれと「言い訳」だらけの

ものになってしまいます。「氣塾」から、いよいよ

「技術」を「伝承」する「プロ」が生まれますが、

我々の「門派」を名乗る以上は、しっかりとした

「クオリティ」を持っていないと「名乗る」ことを

許可いたしません。その「クオリティ」とは、

「他の人」を「加工」する「技術」と「理論哲学」

に有りです。

続けましょうね!

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました