センスの世界「インドの魔術師、ラマヌジャン」3

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「極限のセンス」を持つ天才「ラマヌジャン」は、

卓越した「直感力と閃き」から「インドの魔術師」の

異名を持ちました。彼はその非凡な才能を認められ、

1914年ケンブリッジ大学に招聘され、渡英することに

なるのですが、敬虔なヒンドゥー教徒でもあり、厳格な

菜食主義者でもあった彼は、当時のイギリスでの生活に

馴染めず病に落ち、インドに帰郷したものの1920年に、

32歳の若さで亡くなります。

僅かに、6年位の数学者生活でありましたが、

彼の残した偉業は、彼をイギリスに招いたハーディ教授

にして、「彼の才能には、誰も否定できない天賦の才能

があった。それは深く無敵の独創性である。もし彼が

もっと若い頃に発見されていたのなら」と後に語って

います。しかし、その特異な「閃き」の間で真に

「天才のセンス」が、その本領を発揮するのは、別の

部分にも有るのです。彼のその「能力」を語る、

有名な「逸話」に《タクシー数》というものがあります。

1918年、療養所に入っていた「ラマヌジャン」を見舞った

ハーディ教授は彼に「乗ってきたタクシーのナンバーは

《1729》だった。ありふれた数字だった」と言ったところ、

すぐさま彼は「いいえ、とても興味深い数字です。それは、

2通りの2つの立方数の和で表せる最小の数です。」

と答えました。この逸話は「ラマヌジャン」の計算能力が

高かったという意味合いだけで無く、日常的にあらゆる

「数」に興味を持ち、「数」に対する「探究心」が異常な

程に高かったという事実を示しています。

そうです!天才の実態として「1%の霊感(ないし閃き)」

を「起爆剤」として、残りの99%は「努力」と言う

「平たい」言葉よりも、「分かるが故に」止まりの

効かない「探究心」が支配しているのです。

「ラマヌジャン」を更に、続けてまいりましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました