プロフェッショナルの世界「占い師」5

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「道教」における「呪法」は4世紀には日本に流入し、

斉明天皇から天武天皇の治世にかけて、神仙思想と共に、

支配者層により重んじられ「施政」や「施設建設」に

使われ、「陰陽道」という日本独自の形になって

いきましたが、そのルーツである中国での発生は、

そこから更に三千年以上さかのぼり、我々の使用する

「仙術内丹法」とほぼ時期を同じくしています。

中国において、最古であり最初の「占術」つまり「易」は

約紀元前三千年の「易経=えききょう」です。「占筮」に

より森羅万象の法則を解きます。この時既に「符号」を

用いて状態の変遷、変化の予測を体系化してあります。

「儒家五教」の経典の一つですがその「繋辞上伝」には

《易は「聖人」の著作である》とあります。

著作者は「伏羲=ふっき」。そうです「内丹仙術」の

「神仙伝」に登場する「元始天尊」から「仙術」を

伝えられた、伝説の「神仙」です。「仙道」の系譜は

「元始天尊→伏羲→神農→広成子→黄帝→老子」

といった順序で伝えられたといいます。「伏羲」は

天地の理を理解し「八卦」を作り、「縄、網」を作り、

文字の基礎やあらゆる「文化」の基礎を作った、

「中華民族人文」の始祖として崇拝されています。

「易」の成立として、「伏羲」の「八卦」は「神農」に

より重ねられ「六十四卦」となり、次に周の「文王」が

「卦辞=かじ」を作り、「周公」が「爻辞=こうじ」を

作り「孔子」が「伝」を書き、漢代の「田何」に至った。

とされています。まあ、これにも諸説あるようですが、

「伏羲」の「八卦」や「黄帝」以前の「神仙」への

否定は無く、これらの後に続いた「聖人達」により、

理論は更に重ねられて行き、

《「卦」にもとづき、人間社会の文明制度を創造した》

ということで収まっているようです。

中国では「易」と共に文明としての様々な基本制度は

構築されていったのです。

「易経」は今日普通に行われる「易占法」の原典では

ありますが、ここでも「古代」における「占術」の目的

とは、現代とは大きく異なり、共同体の存亡に関わる

極めて重要で真剣な課題の「解決法」でありました。

それ故に、当時の「占術師」は「命がけ」の責任を

背負わされることもあったとされています。

「創世記」とは凄まじいものなのですね!。

更に続けましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました