色々な「術」の本質を見てみよう3「健康術 養生訓1」

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

現代は長らく続いている「健康ブーム」です。その

「根拠」の東洋、西洋を問わずに「良し」とされるものは

積極的に「取り入れよう」という機運です。「ダイエット」

もその中の一部で、太るのは、やはり健康的にま良く無い

ということからきます。「健康ブーム」というのは、それを

「裏返すと」それだけ「健康に不安があり」「気に掛ける」

必要がある人達が大半ということであり、平和ながらも

「ストレス」にまみれた生活を営んでいることが伺えます。

「健康ブーム」は過去にも幾度となくありました。ここに

「江戸中期」に「健康管理」の「処世術」として書かれた

《養生訓》という本があります。作者は「本草学、儒学者」

でもある「貝原 益軒=かいばら えきけん」。「養生訓」は

単に医学的「健康術」だけでなく「儒学」の視点、すなわち

「精神面」の働きも、全て含めた優れた著作として、現代

でも親しまれています。非常に面白いので「健康術」として

今回から数回に分けて紹介しようと思います。

「養生訓」は全八巻からなり、あらゆる生活状態における

「健康法」である「養生」と「儒学」からの「心持ち」の

置き方について、総合的に経験を踏まえて論じられています。

単純に「健康」の為に「我慢」を重ねるのでは無く「儒学」

により「氣の持ち様」である「気持ち」のケア面にも「力点」

が置かれているので、非常に現代的で斬新な面もあります。

例えば日常生活において、「無病の時こそ、病苦を思い出せ」

「病は少し良くなった時こそ用心せよ」「内欲と外邪を心得よ」

とあります。日常において欲に任せて飲食や行動するのでは

無く、節度を保つ事により「病気」にならず、薬もいらない。

「外邪」とは「風、寒、暑、湿、燥、火」の自然界に存在する

人の隙に付け入る「六気」の「邪気」を示し「東洋医学」で

いうところの「風邪ひきの元」になる要因です。ちなみに

「風邪」も元は「ふうじゃ」と言い「東洋医学」用語です。

体調を崩し、万病の元になる「気を付けるべき」ものですね。

更には「くよくよせずに、日々過ごす」とあります。これは

病を患って「くよくよ」すると更に「氣」が落ちて「滞り」を

生んでしまう為、「病」を治す為の「循環」が阻害されて

しまいます。気長に「養生の道」を守る事に勤めれば、

良く治るものだ。ということであり「儒学的」な「天寿」

「天命」と「死生観」につながるのです。

(引用論文 澤田節子 貝原益軒の『養生訓』にみる健康術)
(引用文献 立川昭二 「養生訓に学ぶ」)

「養生訓」を続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました