色々な「術」の本質を見てみよう5「健康術 養生訓3」

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「養生訓」の斬新さは「江戸中期」に書かれているにも

かかわらず、「養生」すなわち「健康」に関する「全て」

が網羅されているところにあります。「益軒」はそもそも

「虚弱体質」でしたが、自らも「養生術」を実践する事に

より、当時としては85歳の「長寿」をまっとうしています。

その「鍵」の一つとして「歯科、口腔外科」の「知恵」も

既に述べられています。

「禍(わざわい)は口より出て、病は口より入る」

「歯の病は胃火(いか)ののぼるなり」

病は口から入る食物より起こり「歯の病」は胃腸の病と

関係が深い。よって歯が悪いと正しく噛めず、胃を悪くする

「つま楊枝で歯の根を深く刺してはいけない。歯の根が浮き

歯が動きやすくなる」

江戸時代の「歯磨き」とは、指か爪楊枝でした。爪楊枝の

使い過ぎは、返って歯茎を傷付け「歯槽膿漏」の原因と

なり、歯が抜けます。抜けると健全な食生活が失われます。

「唾液は、身体の潤い。変化して血となる。唾液は、吐くな

飲み込むべし」

唾液の量は健康に現れます。唾液が多い事は胃液の量も多い

事につながり、年老いても健康を維持する秘訣なのです。

「養生訓」は単に「健康法」にとどまらず「儒学」の教えに

基づいて「精神面」の健康と修養、「自然治癒力」や「病気

予防」まで含めた「養生の道」を説いています。「長寿秘訣」

として、バランスのとれた食事と適度な運動。そして何より

「腹八分目」で「食べ合わせ」に気を付け「楽しく食べる」。

それは「身体」と「精神」を分けて「病理的」に考える

「西洋医学」が、精神面の不具合を全て「ストレス」と

片付けてしまうのでは無く「病は気から」を前提にして、

非常に驚異的にある意味「現代的」なものになっており、

多方面から現在見直されています。「貝原益軒」の残した

「養生訓」は、蘭方医の「杉田玄白」の「養生七不可」

にも受け継がれています。「益軒」は「孟子」の「三楽」に

ちなみ「養生三楽」として以下のものをあげています。

「道を行い、善を積むことを楽しむ」
「病にかかることの無い健康な生活を快く楽しむ」
「長寿を楽しむ。」

これぞ、正しく「健康術」と言えるのではないでしょうか?

(引用論文 澤田節子 貝原益軒の『養生訓』にみる健康術)
(引用文献 立川昭二 「養生訓に学ぶ」)

あらゆる「術」を更に続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました