《「精神力」を獲得するために2》

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「精神力」は辞書によっても「気力」と「同義」と

されます。今回はこの不思議な「精神力」を「一般的」な

見地から「如何に鍛えるか?」について考察します。

皆さんの周りにも「色々な人達」がいることでしょう。

いわゆる「やり手」の人もいれば、「イマイチ」の人も

いるでしょうし、「病」を持っていても「生き生き」と

してる人もいます。あなたの「精神力」はその中で、

「どれ位」のものだと思いますか?。一般的に幼少の頃

から「苦労」を重ねてきた人は、やはり強い「精神力」を

持っています。それを「乗り越えて」今の「自信」を付けて

いるのですから、言わば「当然」です。また、逆に幼少の頃

から「恵まれて」不自由無く育ってきた人が突然「逆境」に

合うと、その「精神」は脆く「崩れやすさ」を示して

しまいます。「若い頃の苦労は、買ってでもやれ!」と

言いますが「精神力」を付けると言うことは、やはり

肉体改造と同じく、自分を「崖っぷち」「修羅場」に

追込み、それを「乗り越える」事によって「身に付く」

「経験」による「自信」が、何より大事だということ

でしょう。それでも「精神」というものは不思議なもので、

「なかなか、思い通りに成らない」ものです。

特に「ここ一番」、これ迄「成功体験」を幾つも積んできた

「体操競技」や「プロスポーツ」の選手でも、肝心の

「ここ一番」に「プレッシャー」故に能力を発揮出来ない

事はよくあります。この世界の人達は「強靭な肉体」を

作り上げる為の、日々の「練習」に耐え抜く為に、

「強靭な精神」が必要になります。ですから「プロスポーツ」

の人達の世界には、ある意味、一般の人達の「人生の縮図」

を見ることが出来ます。「失敗を忘れろ」「くよくよするな」

これらは「後を引きずるな」と言うことですし、「失敗から

学べ」と言うのもあります。なぜなら「勝負の世界」は

全て「反射的」であり「直感」で判断しますが、その日の

「体調=バイオリズム」は日々、微妙に「変化」します。

その「変化」の中で「直感」の「確度」は微妙に「揺れて」

その「揺れ具合」が、その場の「勝敗」を決めてしまいます。

要は、その「ズレ」の程会いを如何に「管理」するかに

「勝敗の鍵」が掛かっているのですが、それらの「ズレ」

は一晩寝ることによっても「リセット」され、変わって

しまうからです。仮に「リセット」されて正常に戻って

いても、精神的な「ダメージ」を引きずれば、今度は

一瞬の「判断」自体を誤ることになってしまいます。

まあ「精神面」のコントロールは「プロ」でも難しい

のです。でも「鍛えて、イジメ抜かなければいけない」

という「事実」だけは、避けては通れないのでしょう。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました