《「精神世界」の不可思議さ5「1800年代の芸術家 1」》

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

あらゆる「神話」に「夢見た」古代の人々とは異なり、

「言葉」と「科学」そして「意識」というものを得た、

現代の人達は「夢見」に憧れているものの「冷め過ぎて」

いる為に「夢見」の「力」を失ってしまったのかも、

知れません。しかし「夢見」の「精神」とは、決して

「スピリチュアル」の世界だけの事では無くて、他の世界

にも実は多々有るのです。

例えば「ポール・ゴーギャン」。彼は1800年代後半の

後期印象派・抽象主義を代表する画家として有名ですが、

彼はそれ迄の印象主義の筆触分割に異議を唱えます。

彼の主張とは、目に映る対象を見たままにキャンバスに

再現しようとするのが「印象派」の理念だとすれば、

その様な「表現法」は彼にとっては、物足りないものであり

「印象派」の絵を「頭を使っていない」と評する程でした。

ゴーギャンにとっての「芸術」とは「知性」と「想像力」を

結集した「創造的」なもの、という主張でした。

《あまり忠実に自然を模写してはいけない。芸術とはひとつの

抽象なのだ。自然を前にして「夢見る」ことにより、自然から

抽象を引き出しなさい。結果よりも創造行為により一層の

思いをこらしなさい。》

この主張が出来る前、ある時期ゴーギャンはドガに教えを

受けています。ドガは他の印象画家のスタイルとは異なり、

自らが見た「印象」の「記憶」を元に、線描を重視し大胆で

奇抜な構図や対象の瞬間を鋭く捉え、都会的なモチーフを

好みましたが、ドガはゴーギャンにこう言っています。

「目に見えるものを写し出そうというのは大変結構。

だが記憶にしかないものをデッサンすることはさらに

良いことだ」。この主張に感銘を受けたゴーギャンは、

「葛飾北斎」等の「ジャパネスク」の影響も受け、独特な

色彩の「まとめ・単純化」の描写法である「抽描写理論=

クロワゾニスム」と総合主義の表現法「サンテティスム」

に至ります。やがて貧困と娘の死による絶望の淵にあった

ゴーギャンは1898年.遺書的な大作となる《我々はどこから

来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか》を

仕上げることになります。

これらの事実を知るだけでも、ゴーギャンにとっての

「芸術」とは「夢見」の中、すなわち「瞑想」の中にあり

なおかつ「禅定」と共にもあり、それらの「哲学的」な

「思想」の表現法として「抽象」による「画法」こそが、

自らの「魂」の表現として、まさに「正確」だったの

でしょう。1800年代の画家達に見れる「芸術」と「哲学」

との「戦い」は「一生を掛けた」非常に「凄まじい」

もので「精神性」の高さが伺えますね。

《 「具象」より「抽象」の方がより「写実的」である。》

もう少し、画家達の世界を見てみましょう。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました