再解説、あなたが「パワースポット」に成れば良い(パワーに関するインド人の常識)4

このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《パワーに関するインド人の常識》 

「氣塾」の生徒さんで「インド文化」特にインド料理

が好きで「インドレストラン」で働いておられる方が

おられます。通常「インドレストラン」の従業員は

「スリランカ人」の方が多かったりするのですが、そ

の店はオーナー、従業員共に「インド人」で固めてい

るらしいのです。

そこで、その方との先日の「遠隔レッスン」の際のお

話です。先にも書いた通り「氣塾」の生徒さん達には

「パワーストーン」や「念珠」が好きな人達が沢山お

られます。各種「スピリチュアル」や「信仰」をお持

ちの方々にも、好きで集めておられる方々も多いので

はないでしょうか?。最近は「イオン」等のショッピ

ングモールでも「石屋さん」は普通に見かけます。

その方と「インドレストラン」のオーナーがその石屋

の話題になった時、「インド人オーナー」はこう言わ

れたそうです。

《本当に日本人は「石や珠数」が好きですよねー?

「パワー」が欲しいのですかねー?

「人間」の方が、余程「力が強い」のにねーー?》

そういう事です。こちらの方が「インド人」にとって

の常識なのです。「お師匠」も常々同じことを言って

いましたし、私もそう思います。だってよく考えてみ

てください。元々自然に有ったそれらを人はその意思

でもって、丹精込めて「加工」する事によって「パワ

ーを上書き」する事が可能なのです。

《「人」の「思念」や「感情」の持つ「パワー」は強

大で明確です。微細な「石」の持つ力の比ではありま

せん。》

人の「怒り」の持つ「迫力」や「圧倒感」は凄いもの

です。「本気」の持つ「陽の氣」は他の人を動かす力

が有ります。それと比較して「静寂」で「微細」な

「石の力」が同等だと思えますか?

山を切り開いて「町」を作るのも、その「町」に「ビ

ル」を建てるのも、

《いつも最初は「ここに、作ろう!」と言う一人の

「おじさんの一言」から始まるのですよ。》

一人の人とは、それ程に「力」が有ると言う事なので

す。それでもあなたは「石や珠数」に頼りますか?

まあ、持つことによる多少の「プラシーボ効果」は有

るのでしょうが、私はその様な物は、普段は一切身に

着けません。

何故なら、その方が「自然で良い」からです。

いかがでしょうか?私は皆さんの様に、あまりパワー

スポットや寺社に行く事はありませんし、そんなに有

り難いと思う事もありません。何故なら、そんな所と

は過去から様々な事件や物事、謂れが持ち込まれた場

所が大半であり、様々な「人絡みの喧騒の気配」が伺

えるからだと言えます。決してそんなに有り難い場所

ではないのが大半です。ただし「伊勢神宮」等は別格

です。氣の渦巻く場所として、日本最大級だと言えま

すよね、あれは別です。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました