再解説、どの時代の誰にでも当てはまる成功法則(あなたの主人はあなた)6

成功法則
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《あなたの主人はあなた》

《「成功」に関する誰にでも通用する「原理原則」》

これを「議論」するとき、

《「この世」も「あの世」も全ては「思念力」により

作られており、最終的には「思念力」が全てを決める。》

この「古代インドの教え」が全ての「土台」となります。

あらゆる人々は「上手く成功する為の方法」ばかりを

聞きたがりますが、「本当に成功するまで諦めない!」

と言う「信念の思念力」を持っていなければ、仮に少々

上手く行っても、必ず途中で妥協が入り

「まあ、ここまでで良いか?」となり「中途半端」な

結果しか生まれません。ここで未だ自力で成功を獲得

した事の無い人は「上手くいく方法」にばかりこだわ

り、実際に「成功」を獲得した経験を持つ人はその

「信念」の強さにこだわる、という「ギャップ」が生

じます。《しかし、そもそも「良いアイディア」も

「上手くいく方法」にしても、全ては「絶対に成功さ

せる!」という「信念」と「思念力」により湧き出る

「閃き」であり「導き」なのです。》だからこそ、

その様な心持ちと状況の人達には《上手く作用する

「妙法」》なのであり、それらが、未だ「足りない

人達」には、正しく作用する筈がないのです。、

実際に上手く行っていない方々に限って「私は富や

名声には興味はない」なんてセリフを言いますが、

その様なものは「他の人達」に「役立った」ことに

対する「副産物」なのですから、単に役立たずな訳

で言い訳にしか過ぎません。つまりは未だ心が弱い

だけなのです。でも、一方でこれまでの「長年の癖」

で、どうしても「懐疑的」に考えてしまう、「疑い」

や「恐れ」を拭えない!と言う方々がおられます。

私にもその気持ちは分かります。「氣塾」にはそんな

生徒さん達が沢山おられるのです。でも、あなたの心

の主人は「あなた」なのです。その「あなた」が自ら

を見捨てる訳にはいきません。仮にそんな自分を

「あなた」は我慢出来たとしても、必ずその弱さは

「周りの人達」に「心配」や「迷惑」を掛けている

筈なのです。《だから「あなた」はその恐れや疑い

の「猜疑心」と戦わなければいけないのです。》

全ては一つ一つの「自信を重ねる」ことから始めま

しょう。全てには「段階」が存在するのですから

大丈夫なのてす。一つ一つを知りましょう!でも、

そうして、しっかりとした「信念」や「思念力」を

養って、物事に対して取り組んでいる筈なのに、

何故か物事が上手くいかない。

その場合は「どうすれば、良いのか?」

その場合、往々にして「自然の法則」との「調和」

が取れていない筈です。つまり、どこかが「不自然」

なのです。この「テーマ」は、続きます。この続きは

そんな人達に向けた「根本原理のお話」なのです。

いかがでしょうか?

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました